『I Am Bread』の精神的続編『I Am Fish』が2021年発売決定。水槽の魚になって海を目指す、高難易度のコメディプラットフォーマー

 『Surgeon Simulator』『I Am Bread』を開発したBossa Studiosは、魚を安全にゴールまで導くコメディプラットフォーマー『I Am Fish』を2021年にリリースすることを発表した。

 『I Am Fish』は現在、公式サイトのメーリングリストに登録することでプロトタイプ版をダウンロードできる。今回、フルバージョンの開発を記念して、さらに新しいマップが追加された。

 『I Am Fish』は魚を操作し、自分の入った水槽をゴールまで導く3Dプラットフォーム・ゲームだ。人間によって小さな檻に閉じ込められた魚が、苦難の道を乗り越え海を目指す姿を感動的に描いている。道中はガラスの水槽にはつらい段差や車、踊り狂う人々など、さまざまな障害物が行く手を阻む。

(画像は『I Am Fish』プロトタイプより)
(画像は『I Am Fish』プロトタイプより)

 『I Am Bread』を開発したBossa Studiosの作品らしい、物理エンジンで制御されたままならない操作も健在だ。右スティックを左右に動かし尻尾を振って移動し、向きはPlayStation時代の『バイオハザード』のようなラジコン操作で切り替える。丸い金魚鉢は中にいる魚を巻き込んでぐるぐると回転するので、自分がどちらに向かって泳いでいるのか見失うことも多い。海へ向かう道中では、幾度となく水槽が割れ、地面を跳ね回る悲しい魚の姿を見ることになるだろう。

(画像は『I Am Fish』プロトタイプより)
(画像は『I Am Fish』プロトタイプより)

 『I Am Fish』は『Pigeon Simulator』『Trash Bandits』とともに、Bossa Studiosのプロトタイプ主導の作品としてリリースされた。3作品とも好評を得ていたが、本作がフルバージョンの開発に選ばれたのは、ゴールを目指すプレイヤーの情熱により、思わぬ方法でゲームをクリアするトリックや、失敗の痛みと成功の喜びを共有できていたからだという。「ほかの2作についても忘れない」としているため、これらの作品についても、今後なんらかの形でプロトタイプを抜け出すかもしれない。

 『Surgeon Simulator 2』とともに、2020年以降のスタジオの新作として開発がスタートした『I Am Fish』。プロトタイプは公式サイトのメーリングリストに登録することで遊べるので、興味がある方は登録して、魚と一緒に海を目指してほしい。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧