「Steam」同時接続人数の最高記録がついに“2000万人”を突破。『CS:GO』のピークプレイヤー数も100万人を超える

 Valveが運営するPC配信プラットフォーム「Steam」の同時接続者数が3月15日に最高記録を更新し、2000万人を超えたことが明らかとなった。SteamのAPIからデータを収集する外部サイト「Steam Database」が発表している。

 現在の最大接続人数は2031万3451人記録されている。その中でゲームをプレイしていたプレイヤーは620万人で、これも2018年後半の最高値を更新する記録となっている。2月には1880万人を超えたことが明らかとなったが、わずか1ヶ月ほどで記録を塗り替えた。なお、さらに前の最高記録は2018年2月の1853万人となっている。

同時接続人数
(画像はSteam DBより)
インゲーム人数
(画像はSteam DBより)

 2018年と2019年を比較すると、Steamの最大同時接続人数は減少傾向にあった。2018年の『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(PUBG)大ヒットによる急激な人口増が、2019年には安定してしまったためとみられる。2019年以降は、『PUBG』に比類するほど同時接続数を伸ばすような作品の存在は報じられていない。

 一方で今回、マイルストーンとなる同時接続数2000万人を超えた理由を、Steam DBは「新型コロナウイルスによるものではないか」と指摘している。因果関係や実際の原因については証明されていないが、外出を自粛する世相を考えると、核心をついているように思える。

 同時接続人数とインゲーム人数が伸びているSteamでも、特に『Counter-Strike: Global Offensive』(CS:GO)のプレイヤー数が顕著に伸び続けている。1月から月にほぼ10万人単位で最大プレイヤー数を伸ばし続け、3月にはついに100万人を突破。

 基本プレイ無料(F2P)化してからプレイヤー数は増加傾向にあったが、2020年に入ってからはプレイヤー数がうなぎ登りとなっていた。人々は家の中で遊ぶ娯楽を求め、Steamでも人が多く、無料で遊べる本作に手を出したのかもしれない。

(画像はSteam『Counter-Strike: Global Offensive』より)

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧