『あつまれ どうぶつの森』のレビューが解禁、シリーズ過去最高となる高い評価を記録。フォーブスなど経済誌でも満点に

 3月20日についに発売となる『あつまれ どうぶつの森』において、各メディアによるレビューが3日17日より解禁され、非常に高い評価を得ていることがわかった。

 参考値とはなるが、各レビューの合計を平均化したレビュースコア集積サイト「Metacritic」でのスコアは、48件のレビューの平均が記事執筆時点で91点で、『どうぶつの森』シリーズにおいて最高得点となっている。また、「Open Critic」でも43件のレビューの平均で92点を記録している。

(画像はニンテンドーeショップ『あつまれ どうぶつの森』より)

 『あつまれ どうぶつの森』はスローライフを楽しむ『どうぶつの森』シリーズの最新作だ。プレイヤーは現実と同じ時間が流れる無人島を発展させながら、DIYや釣り、おしゃれなどさまざまなアクティビティを楽しんでいく。

 レビュースコアはすでに100点がいくつも並んでいるが、なかでも目に付くのはフォーブスデイリー・テレグラフだ。それぞれ経済誌と一般紙のジャンルに属しており、純粋なゲームメディアではないが、これまでに話題作を中心にゲームのレビューを公開している。

 フォーブスは「我々に今すぐ必要なゲーム」と記事タイトルからすでに絶賛。記事タイトルの理由は新型コロナウイルスとセンセーショナルだが、難しい時期だからこそ『あつまれ どうぶつの森』のようなゲームが必要だと語っている。ゲームの評価に発売時の世相が含まれることは、すこしめずらしい視点かもしれない。

(画像はニンテンドーeショップ『あつまれ どうぶつの森』より)

 ゲームメディアではIGNGame Informerもレビューを公開。
 IGNは唯一ゲームのストーリーも評価点としてあげており、これまでのシリーズのストーリーは「町に引っ越してきて借金を返す」というものだったが、『あつまれ どうぶつの森』には「プレイヤー自らが島を開拓して島自体の評価を上げる」努力の動機がある点を評価。この評価システムはストーリーにも大きく関わるという。

 すべてのレビューに共通するのは、レビュワーの島での生活や思い出を紹介する文章が書かれる点だ。スローライフを楽しむゲームとして外せないが、自分の生活を誰かに紹介したくなるというのはゲームの重要な評価点だろう。

 また、今作で新たに導入された「たぬきマイレージ」の存在は異口同音の好評価を受けている。「たぬきマイレージ」はゲームでさまざまな活動を通してたまるマイルで、生活に役立つアイテムを手に入れられるシステムだ。あまり能動的でないプレイヤーであっても行動の指標ができ、島での生活を楽しむことができるようになる。

 発売を間近に控えた『あつまれ どうぶつの森』だが、このままいけばレビュースコアとしてシリーズ最高傑作の名誉を得ることになるかもしれない。発売まであとわずか。ファンは期待してゲームの発売日である3月20日(金)を待ってほしい。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧