『巣作りドラゴン』『ウィザーズクライマー』のソフトハウスキャラが解散・廃業を発表。3月末をもって営業終了へ

 『巣作りドラゴン』『ウィザーズクライマー』などを開発した「ソフトハウスキャラ」のブランドを持つ有限会社キャラが、経営上の理由で3月末をもって解散・廃業することが発表された。ソフトハウスキャラのタイトル及びブランドは、DMM GAMESに譲渡することになるという。

 ソフトハウスキャラは、シミュレーションゲームとアドベンチャーゲームを組み合わせたゲームを得意とする有限会社キャラのアダルトゲームブランド。2000年に妖怪の女の子と旅館を経営する『葵屋まっしぐら』でデビュー。2004年の『巣作りドラゴン』が大ヒットして一躍注目を集めた。その後、『南国ドミニオン King of solitary island』『グリンスヴァールの森の中 ~成長する学園~』『王賊』『ウィザーズクライマー』『BUNNYBLACK』シリーズといった代表作を持つ。

 特に大ヒットした『巣作りドラゴン』は、竜族というモンスター側の視点から人間との戦いを描いたシミュレーションゲームだ。竜族の巣(領土)を拡大しながら人間の町を攻撃したり、人間を撃退しつつ、キャラクターと交流を深めていくというもの。練りこまれたシステムとゲームバランス、そして情けない主人公とわがままな許婚のヒロインなどの個性豊かなキャラクターで、「遊べるエロゲ」として時間を忘れてしまうほど中毒性のある作品として知られている。

 2019年12月にはネクストンとのコラボで『巣作りカリンちゃん』を発売。冒険者たちの注目を集めて、迷宮の侵入者を増やして撃退、そこから得られた資金で魔王カリン様を復活させるダンジョン運営シミュレーションとなっていた。

(画像はDMM GAMES.R18『巣作りドラゴン』デモムービーより)
(画像はDMM GAMES.R18『巣作りドラゴン』デモムービーより)
(画像はDMM GAMES.R18『巣作りドラゴン』デモムービーより)
(画像はDMM GAMES.R18『巣作りドラゴン』デモムービーより)
(画像はDMM GAMES.R18『巣作りドラゴン』デモムービーより)

 アダルトゲーム専用のレビュー投稿サイトである「ErogameScape -エロゲー批評空間-」では、2015年ごろあたりからソフトハウスキャラ作品へのユーザー投稿が減っており、ここ数年における苦境が伺える。アダルトゲーム業界全体の時代の変化もあるだろう。

 残念ながら、経営上の理由で解散が発表されてしまったソウトハウスキャラだが、タイトルとブランドはDMM GAMESに譲渡されることになり、DMM GAMES.R18で販売されるという。DMMは譲渡されたブランドを活用して、新作を開発することもあり、新たなる展開もありえるだろう。現在、DMMでは『巣作りドラゴン』もダウンロード版が販売中だ。ソウトハウスキャラの解散を惜しみつつ、ひさびさに『巣作りドラゴン』をプレイしてるのもいいのかもしれない。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧