精神病院の抱えるリスクや責任を描く精神科医シミュレーター『Psycho Simulator』発表。激務に追い込まれながらも自分を保ち、さまざまな治療を通じて患者を救え

 PlayWay S.A.は、FreeMind SAの開発する精神病を題材としたシミュレーター『Psycho Simulator』Steamストアページを開設した。発売日と価格は未定となっている。

(画像はSteam 『Psycho Simulator』より)

 『Psycho Simulator』は精神病院の日々の業務を体験する一人称視点シミュレーターだ。プレイヤーは精神科医としてさまざまな病気を抱えた人々を救うため、治療のためのセッションを設けて会話で回復の手助けをしたり、症状に応じた薬を処方したり、ほかのスタッフと協力する。

 プレイヤーの治療を待つ患者は統合失調症、社会病質(ソシオパス)、性依存症など、さまざまな精神病を抱えている。彼らと会話して病気の原因を探し、さまざまな治療を施して無事退院させなければならない。プレイヤーは緊迫した精神病棟の現実を体験し、精神科医のリスクや責任を学ぶことができるされている。

 主人公を遠い日に失踪した親だと思って失った日々を取り戻そうとする患者や、医師を悪の組織のスパイだと信じ込んで攻撃してくる患者もいる。精神病院での激務は少しずつ主人公や同僚のスタッフを追い込んでいくようだ。トレイラーでは自分で薬を使用するシーンも見られる。患者に引っ張られず、自身の正気を保ち続けることも重要だ。

(画像はSteam 『Psycho Simulator』より)

 PlayWay S.A.は家の改装業者をテーマにした『House Flipper』、戦車博物館のメカニックとなる『Tank Mechanic Simulator』、緊急サービスのオペレーターとなる『911 Operator』など、さまざまな職業をテーマにしたシミュレーターを好んでリリースするパブリッシャーだ。

 開発を担当するFreeMind SAも、農家シミュレーター『Farmer’s Life』や自動車教習をテーマにした『Let`s Drive』といった作品を発表しているが、その中にあっても精神病院での勤務をゲーム化するとなれば、特に慎重な描き方が求められることとなるだろう。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧