ダークファンタジーRPG『Mortal Shell』発表。『ダークソウル』シリーズに影響を受けたアートスタイルが光る

 ゲームパブリッシャーの「Playstack」は、スタジオ「Cold Symmetry」が開発する、RPG『Mortal Shell』を発表した。フロムソフトウェアの『ダークソウル』シリーズに影響を受けた、いわゆる「ソウルライク」なゲームだ。

 プラットフォームはPlayStation 4、Xbox One、PC。2020年第3四半期に発売予定。公開されたSteamストアページでは日本語にも対応予定とされている。また、公式サイトから参加できるDiscordチャンネルでは今後ベータテスターも募集するという。

 『Mortal Shell』は、人類の文明が退廃し慈悲無き血に飢えた敵が跋扈するダークファンタジー世界が舞台のタイトルだ。主人公は死と隣り合わせの世界で、“魂の抜け殻”として覚醒。ダークファーザーと呼ばれる謎の人物に命じられ、暗い世界を超えて聖地にあるという聖なるグランドを探す。

 ゲームの進行はソウルライクの伝統に従い、ノンリニアなキャンペーンとなっている。沼の広がる低地や、黒曜石の大聖堂を抜け、山頂で凍る古代の暗号を目指す。ゲーム性もプレイヤーに精神力と適応力が試されるような内容となっており、戦闘では好機を得るまで剣を抜かず、回避を駆使して最高のタイミングでカウンターをたたき込むことが求められる。

(画像はSteam『Mortal Shell』より)
(画像はSteam『Mortal Shell』より)

 退廃し多くの戦士たちが屍となった世界だが、ゲーム内では彼らは魂となって主人公を助けてくれる。彼らをモータルシェルとして覚醒させ、さまざまな戦闘スタイルを習得する。モータルシェルとの絆が深まれば、彼らの力をより深く引き出すことができる。

 彩度が低くダークなアートスタイルや恐ろしいモンスターのデザインは『ダークソウル』シリーズの直接の影響が感じられる。開発のCold Symmetryは、2017年にAAAタイトル開発などで経験を積んだ、ソウルライクゲームへの情熱を燃やす4人の開発者が集まって結成された。現在ではスタッフは15名まで増えているという。

(画像はSteam『Mortal Shell』より)
(画像はSteam『Mortal Shell』より)

 ダークなアートスタイルがかなりかっこよく、死者の魂がさまよう退廃した世界という『ダークソウル』シリーズから強く影響を受けた『Mortal Shell』。Twitter上での発言によれば、2年間水面下で開発が続き、今回ようやく発表できたという。新たな「ソウルライク」ゲームの金字塔を打ち立てられるかどうか、注目の作品だ。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧