Xbox事業ヘッドのフィル・スペンサー氏が、日本に向けてビデオメッセージを発信。日本市場の重要性を伝える。Xbox Series Xの発売を控え、改めて攻勢にでる方針へ

 Xbox事業を統括するフィル・スペンサー氏は、YouTubeのXbox Japan公式アカウントから、「Xbox Game Pass」の日本サービス開始に際したビデオメッセージを発信した。ビデオのなかでフィル・スペンサー氏は、Xbox Game Passの今後の展開のほか、将来的にさまざまなニュースを伝えて盛り上げる1年になるというメッセージを発信した。

 今回のビデオメッセージは、新型コロナウイルスの影響でスペンサー氏の自宅で撮られたもの。スタジオで撮られたものではないので照明が不安定だが、その内容は日本の市場に対してとても真摯なビデオメッセージになっている。

 ビデオでは、スペンサー氏からXbox Game Passを4月14日からPCとコンソール向けに提供することを発表し、日本のファンに感謝を伝えている。また気になる発言としては、Xbox Game Pass以外でも自分たちがどういった取り組みを進めているか、なにに力を注いでいるか日本向けに伝えたいと最後に発言していることだ。

 実はフィル・スペンサー氏は、今年1月末に日本を訪れており、パブリッシャーや開発スタジオと協議したというツイートを残している。その協議のなかには次世代機Xbox Series Xの発表済みタイトル、未発表タイトルが含まれており、またProject xCloudについても協議を行ったという。

(画像は「Project xCloud (プレビュー) | Xbox」より)

 Project xCloudとは、Androidなどのスマートフォンやタブレットを使って、Xbox本体をせずにゲームをプレイできるストリーミングサービス。50タイトルがラインナップされており、すでにアメリカ、イギリス、韓国ではパブリックプレビュー版が開始されている。日本でも2020年にも予定していることは発表済みだ。1月末のスペンサー氏の来日はProject xCloudの日本のスタジオ作品のラインアップ充実を協議したものだろう。また日本スタジオが開発したXbox Series Xの未発表タイトルが、独占なのかどうかも気になるところだ。

 他方で、日本ではXbox Oneの販売不振が続いている。海外メディアCNBCは、2019年10月8日付けの記事で、調査会社IDCを典拠にしつつ、世界で売れた4690万台のXbox Oneのうち、日本で販売されたのはわずか0.3%に留まるという。日本がコンソール市場ということを考慮すれば、かなり苦戦が強いられている状況といえる。

 しかし今回、わざわざ日本に向けたスペンサー氏のビデオメッセージを発したのは、改めて日本市場を重要視していく決意表明とも受け取れる。今年冬のXbox Series Xの発売に向けて、日本市場で攻勢に打ってでる構えだろう。そのことはXbox Game Passが、日本では破格の価格帯で提供されることからも意気込みが伺える。

 これからのフィル・スペンサー氏の動向、Xbox関連の発表は見逃せないものとなりそうだ。

フィル・スペンサー氏のメッセージ抜粋:

 ご存知のとおり、日本のゲーム市場やファンたち、日本の熱心なゲーマーの皆さんすべて私にとってとても大切な存在です。Xboxチームも同じです。私たちが楽しんできた多くの名作は、日本で生まれたゲームでしたし、私たちは、Xboxを日本の皆さんが楽しめるよう、常に努力をしています。これまで、日本のファンやゲームメディアによく聞かれたのが、日本向けのXbox Game Passの展開についてでした。

 実は、パートナーに加えてXboxサービスとエンジニアの皆さんの継続的な努力のおかげで、4月14日からPCとコンソール向けにXbox Game Passを日本で提供を開始します。待ちかねていた発表だと思いますが、根気よくお待ちいただき、感謝しています。これまでチームが一丸となり、詳細をつめてきましたがやっとここまで辿り着けました。Xbox Game Passが登場し、多様で素晴らしいゲームをXbox Game Passを通して、日本のファンに楽しんでいただけることに大きな喜びを感じています。

 2020年はこれから新しいコンソールや開発が続いているさまざまなタイトルもそうですが、まだまだ色々なニュースをXboxチームとしてお伝えしつづけ、とても盛り上がりを見せる1年になると考えています。私たちがどういった取り組みを進めているか、何に力を注いでいるかを引き続きお伝えしていきます。まずは改めて、日本向けXbox Game Passが提供を開始することを今回はお伝えします。大変長らくお待たせしましたが、楽しんでいただけると幸いです。”日本の皆さん! Game Passにようこそ!”。ありがとう。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧