検死シミュレーションゲームにホラー要素を加えた『Autopsy Simulator』発表。死体から死別した妻の結婚指輪を発見したことで検視官の日常が崩壊するホラーゲーム

 PlayWay S.A.は、Woodland Gamesが開発するホラーゲーム『Autopsy Simulator』を発表した。価格やリリース日、PC以外のプラットフォームでの展開は未発表。

 検死をテーマにしたホラーゲームなので、トレイラーやSteamストアページには死体の内蔵描写や腕に湧く虫など、ショッキングな映像のオンパレードとなっている。苦手な方は注意して欲しい。

 『Autopsy Simulator』でプレイヤーはジャックと呼ばれる検視官として、運ばれてくる死体を検死することになる。死体とともに届くレポートには新聞記事の切り抜きやメモがまとめられており、それを元に検死を進めることになる。検死プロセスは病理形態学者や法医学博士の協力の下に構成されており、本物の病理解剖さながらだという。

 ある日、ジャックは運ばれてきた身元不明の女性の遺体から、死別した妻の結婚指輪を発見する。そこから検視官としての日常が崩壊し、不吉な力による正体不明の恐怖へと足を踏み入れることになる。トレイラーでは懐中電灯を片手に薄暗い廊下を調べたり、正体不明のモンスターに追われジャックが逃げるシーンが確認できる。

 暗い検死室でひとり死体と向き合うホラーということで、以前リリースされたエンバーミングをテーマにした無料のホラーゲーム『The Mortuary Assistant』とも近い。とはいえ予算規模も大きく異なるので、『Autopsy Simulator』は本格的な人間の内臓描写を持つ検視官シミュレーションとしての側面にも力が入っているようだ。

(画像はSteam『Autopsy Simulator』より)
(画像はSteam『Autopsy Simulator』より)

 本作はPlayWay S.A.とそのデベロッパーが得意とする一人称視点の職業シミュレーションゲームに、一人称視点ホラーの要素を合体させたゲームだ。Woodland Gamesはそういった作品を以前にも発表している。廃墟を探索するパルクールアクションにホラー要素を合体させた『Urban Explorer』も興味がある方はチェックして欲しい。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧