『Destiny 2』は次世代機にも対応予定。Xbox公式Twitterアカウントのツイートへ同作の開発元Bungieが送ったリプライから判明

 ゲーム開発会社のBungieは日本時間5月8日(金)、Xboxの公式Twitterアカウントが投稿した次世代機のパートナーコミュニティに関するツイートに返信ツイートを送り、『Destiny 2』次世代機向けに向けた対応予定を伝えた。

(画像はSteam『Destiny 2』より)

 『Destiny 2』は、一人称視点シューティング(FPS)ゲームの『Halo』シリーズでも知られるBungieが開発するオンライン専用のマルチプレイヤーゲーム。2014年発売の『Destiny』に続く作品で、FPSとアクションRPGの要素をあわせ持つ。

 パブリッシャー(販売元)を担当していたActivisionとのパートナー契約は2019年1月に終了。同年には、本作の基本プレイ無料(F2P)化やSteamでの配信開始、大型拡張コンテンツ『Destiny 2 影の砦』の実装など、大きな変化が起きている。

 また、2020年4月22日(水)から5月13日(水)までの期間は全プレイヤーを対象にした競技イベント「ガーディアン・ゲーム」が開催中だ。プレイヤー達は3つのクラス(職業)別で対抗戦をくり広げ、終了から1年間勝利したクラスの証が掲げられるという。

 次世代機向けの対応について「詳細は追って伝えるとしているので、興味があれば『Destiny 2』Bungieの公式Twitterアカウントをフォローして続報を待つとよいだろう。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧