名作ホラーフリーゲーム『魔女の家』のスマートフォン版が無料でリリース。リマスター版準拠のグラフィックを搭載、スマホでも死の罠が待ち受ける館に挑もう

 株式会社GOODROIDは、ホラーアドベンチャーゲーム『魔女の家』のスマートフォン版をリリースした。対応プラットフォームはiOSAndroid。iOSは9.0以上、Androidは6.0以上のOSを搭載したスマートフォンやタブレットが必要。価格は無料だ。

 『魔女の家』のオリジナル版は2012年にリリースされたホラーゲーム。ふみー氏によって制作され、フリーゲーム配信サイト「ふりーむ」にて累計ダウンロード数で現在も1位となっている名作だ。
 2018年にグラフィックが大幅に変更され、ストーリーなども追加された『The Witch’s House MV』がSteamにてリリースされた。

 ゲームの主人公はヴィオラと呼ばれる少女。彼女は森の中で気がつき、出口を探して森の中に建つ館へと迷い込む。館には様々な形で死のトラップが待ち構えており、選択を間違うとヴィオラは簡単に死んでしまう。ゲームの難易度も高く、かわいいグラフィックとは裏腹に、多種多様な死亡シーンでは流血などの暴力表現も過激だ。

 国内外で高い評価を獲得し、様々な言語に翻訳され、前日譚『魔女の家 エレンの日記』はコミカライズもされるなど、ゲームだけでない幅広いメディアで物語が展開している。

(画像は『魔女の家』より)

 今回スマートフォンでリリースされた『魔女の家』は、タイトルこそオリジナルと同じだが、グラフィックは『The Witch’s House MV』準拠のものになっている。クリア後には倍速モードも選べるようだ。他にもスマートフォンならではの機能を搭載しているという。

 グラフィック以外の点で『The Witch’s House MV』とスマートフォン版『魔女の家』がどの程度同じ内容かは不明だが、序盤をプレイした限りでは多くの場面で広告が表示されるようだ。1520円の作品がスマートフォンでは無料で遊べると考えると仕方ないかもしれないが、ホラーゲームの雰囲気を台無しにしかねないため、オフラインでもプレイできる有料の広告非表示オプションが欲しい所だ。

(画像は『魔女の家』より)
(画像は『魔女の家』より)

 『青鬼』『ゆめにっき』と共に、ツクール製ホラーゲーム屈指の名作として数えられる『魔女の家』がスマートフォンでも手軽に遊べるようになったのはうれしいことだ。ゲームをプレイしたことがないという方も、これを機に恐怖の館に足を踏み入れてみて欲しい。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧