期待の新作ひきこもりRPG『OMORI』が完成間近に。コンテンツの追加が終了しあとはバグフィックスや調整を残すのみ

 2014年にクラウドファンディングがスタートし、その独特のセンスとビジュアルで注目を集め20万ドル(約2100万円)以上の資金を得たひきこもりRPG『OMORI』。本作の完成が間近であることを、ゲームを開発するOMOCAT氏が発表した。

 コンテンツやアニメーションの追加が完了し、現在はバグフィックスやシーンの微調整といった最終工程に入っているという。最新のコンテンツを追加したことを受けて、残りの作業が数ヶ月かかる見込みとされている。2019年には2020年春に発売予定と発表されていたものの、その後は続報が途絶えていた本作だが、ゲームはそろそろ発売されると見てよさそうだ。

 『OMORI』は『RPGツクール』で制作された心理的ホラーRPGだ。主人公Omoriは、電球やノートパソコンだけが置かれた真っ白な部屋にずっと住んでいるひきこもり。自分がどこから来た人物なのかも覚えていないが、かすかに残っていた「この部屋にずっと住んでいるわけではなかった」という疑念を持っている。

 プレイヤーはOmoriを通じて未来と過去のふたつの世界を行き来し、Omoriの記憶を探索して秘密を解き明かしていくことになる。新しい、あるいは古い友人や敵と出会う中で、はたしてどちらの世界が本当なのかプレイヤーに問いかけが投げられる。

 ゲーム内には8つ以上のダンジョンと60人以上のNPCが登場。旅の途中にはパーティを組んで敵と戦う一般的なJRPGのようなターン制の戦闘も発生する。

(画像はKickstarter『OMORI』より)
(画像はKickstarter『OMORI』より)

 ゲームの原作は、OMOCAT氏のブログのキャラクター「陰鬱なオタク」としてのOmoriや、Omoriが主人公の短編小説『OMORI’S STORY』、絵本『OMORI’S SKETCHBOOK』、グラフィックノベルなど、多岐にわたる。OMOCAT氏は常に、Omoriのゲーム化という目標を持っていたという。そんな目標で6年以上開発を続けてきた『Omori』だが、ついに完成の時が近づいている。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧