『Detroit: Become Human』のアンドロイド「コナー」がねんどろいど化。本日より予約開始、2021年2月に発売予定

 グッドスマイルカンパニーは、アドベンチャーゲーム『Detroit: Become Human』に登場する主人公のひとり、アンドロイド「コナー」をねんどろいど化すると発表した。本日6月29日12:00から2020年8月26日21:00まで予約を受け付け、2021年2月に発売を予定している。価格は税別4545円。

 アンドロイド「コナー」は、『Detroit: Become Human』の3人いる主人公のうちのひとりだ。ロボット工学が発達した2038年では、「変異体」と呼ばれるアンドロイドの犯罪事件が多発している。コナーは、その「変異体」の事件を警察と協力して捜査するために生み出された高性能の最新アンドロイド試作機である。

 コナーは、俳優のブライアン・デッカートさんが演じており、ゲームではその端正な顔立ちがCGで緻密に再現されている。日本語版では声優の花輪英司さんが知的なボイスで吹き替えを担当しており、本作の人気キャラクターとして確立した。相棒のハンクと交流を深め、だんだんと自我が目覚め、迷い、自立していくコナーの姿は、多くの人の心をとらえた。

 今回の待望といえる「コナー」のねんどろいどでは、交換用表情パーツは「通常顔」と「ウィンク顔」が用意されている。オプションパーツは「拳銃」と「魚」と「選択肢フィルム」が付属。「選択肢フィルム」は、ゲーム中にプレイヤーがボタンを押して表示される選択肢を、パーツとして再現。文章を空白にしたものも用意しており、お好みのポーズと選択肢で劇中のシーンを再現することができる。

 また、表情パーツにはこめかみのLEDリングが取り付けられ、青、黄、赤と付け替えが可能となっている。青は「正常」、黄色「一時的な異常」、赤は「異常」を表しているので、コナーの状況をLEDリングを通じて表現するこも可能だ。

 発売は2021年2月とまだ先だが、予約は開始しているので、入手したい人は忘れないように予約をしておこう。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧