中国テンセント、日本含む世界中のスタジオ100社と提携へ。『真・三國無双』『ストリートファイター』『ポケモン』といったIPと提携し40本以上の新作を開発中

 中国の巨大ゲーム企業Tencent Gamesは、オンラインイベント「Tencent Game Annual Conference」を開催し、40本にも及ぶ新作ゲームを発表した。

 新作の中には、日本のゲームの権利を取得して開発されるものも多数含まれている。『真・三國無双』シリーズのモバイル版『真·三国无双 霸』(真・三國無双 覇)、『METAL SLUG』シリーズのモバイル版『合金弹头 代号:J』(METAL SLUG Code: J)、カプコンの格闘ゲームシリーズ『ストリートファイター』から『街霸:对决』(Street Fighter: Duel)が開発中であることが明かされた。

 また、少し変わり種として、イラスト・デザイン制作会社のジョイネットのキャラクター七瀬くるみを主役にした『胡桃日记』(くるみ日記)も開発中だ。

(画像はTencent Games公式サイトより)
(画像はTencent Games公式サイトより)

 この発表でTencentのシニア・バイスプレジデントのスティーヴン・マー氏は、ゲームは単なる娯楽や産業というだけでなく、人々の社会的、文化的、精神的な交わりの場であり、世界にある問題を解決する手段にすらなり得るかもしれないと語った。Tencent Gamesの作品は今後、「テクノロジー、ゲームプレイ、ストーリー」を中心に、ゲームの進化の可能性を探っていくという。

 新しいブランドコンセプトは「Spark More!」。100を超える国内外のゲームメーカーやスタジオと手を結び、世界中のプレイヤーに住む地域やプレイするプラットフォームを越えたゲーム体験を届けたいとしている。
 また、主要な大学と提携し、ゲーム産業のための「制作、教育、研究」システムを構築する計画を発表。ゲームに対する研究や才能を持った人材の発掘や育成を行い、よりよいゲームを作り出す計画だ。

 マー氏は新型コロナウイルスの感染拡大へのゲームの貢献についても語った。その中には『リングフィットアドベンチャー』でプレイヤーたちがお互いに励まし合ったり、ゲーミフィケーションを利用したコロナウイルス解析プログラム『Foldit』について触れている。

(画像はTencent Games公式サイトより)

 Tencentは中国国外に積極的にマーケットを拡大しており、日本でも最近プラチナゲームズやマーベラスへの資金提供や業務提携を行っていることが伝えられている。先日は株式会社ポケモンとTencent Games傘下のゲームスタジオTimi Studiosが共同開発するMOBAゲーム『ポケモンユナイト』発表されたことも記憶に新しい。

 日本のビデオゲームフランチャイズやゲームスタジオとの提携も、Tencentの「Spark More!」構想に沿った計画のひとつのようだ。新型コロナウイルスの感染拡大により、ビデオゲームの存在感は今まで以上に高まっている。
 世界最大のゲーム企業と呼ばれるTencentだが、今後はさらにその名前をさまざまな場所で見かけることになるだろう。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧