最大5人参加のサバイバルホラー『Carnival Hunt』が開発中。「裏切り者がいるかもしれないし、いないかもしれない」対戦モードを搭載

 ゲームデベロッパーのJester’s Playgroundは、シングルプレイから対戦まで可能なサバイバルホラーゲーム『Carnival Hunt』を開発中だ。すでにSteamストアページは開設されており、2020年第3四半期の発売を予定している。

 シングルプレイではひとりで人喰い人種の潜む村からの脱出を目指すほか、最大4人まで参加できる協力プレイでは、ひとりでやることを4人で分担できる。また、もっともユニークなのは最大5人で遊べる対戦モードだ。最初は5人とも村の脱出を目指すが、村に落ちている死体を食べた最初のプレイヤーは人喰い人種となりほかのプレイヤーを襲えるようになる。そのため、5人で協力して生き残ることができれば、裏切って敵対することもできる。
 すべてのプレイヤーに敵対する選択肢が存在するので、一緒に行動している味方が協力するためにいるのか、それとも攻撃する絶好の機会を伺っているだけなのか、疑心暗鬼と常に戦うこととなる

(画像はSteam『Carnival Hunt』より)
(画像はSteam『Carnival Hunt』より)

 『Carnival Hunt』は、食人が横行するほどに荒廃した世界を舞台にしたマルチプレイシューターだ。見知らぬ土地で目を覚ました生存者たちは、恐ろしい人喰い人種が徘徊する村で生き残るために奔走する。

 最大の特徴である5人の対戦モードは、まったく争わずに5人で生き延びることができる。仲間と協力すれば、ほかのキャラクターやスキンをアンロックできる「トラストポイント」が貯まる。トラストポイントは村を探索するなかでも入手できるほか、探索ではほかにも武器やクレジットといったアイテムが見つかるようだ。

 しかし、仲間を裏切って捕食者になれば、通常とは異なる報酬が得られるという。裏切りか協力か、その狭間の恐怖がゲームの特徴だ。

 ゲームはもともと2019年内の発売を予定していたが、少しずつ延期を繰り返し、執筆時点では2020年第3四半期の発売を予定している。この発表が最終的なものなのか、単に見通しが立たずにこの時期発売としているかは不明である。

 なお、2020年に入って以降、Steamフォーラムに開発メンバーの書き込みはされていないようだ。6月ごろは発売日が「第2四半期」とされていたようなので、少なくともストアページ自体の更新はされている。

(画像はSteam『Carnival Hunt』より)
(画像はSteam『Carnival Hunt』より)

 公式ページやTwitterアカウントも見つからないため、開発者が今なにをしているのか不透明な部分はあるが、『Carnival Hunt』は2020年第3四半期発売に向けて開発中だ。

 ゲームに興味がある方は、本作をSteamのウィッシュリストに追加したうえで続報を待ってみてほしい。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧