3万2000機ものドローンを操るアクションストラテジー『Drone Swarm』発表。マウスでラインを引いてドローンを飛ばして戦う一風変わった作品

 パブリッシャーのastragon Entertainmentは、オーストリアに拠点を置くstillalive studiosが開発する作品『Drone Swarm』を発表した。対応プラットフォームはPC(Steam)で日本語にも対応している。10月20日(火)発売予定の本作はすでに予約が始まっており、価格は税込2580円。ストアページでは体験版も配布中だ。

 『Drone Swarm』は、3万2000機ものドローンを従えた宇宙船「アルゴ」で戦うストラテジーアドベンチャーゲーム。エイリアンの攻撃により地球は壊滅。わずかに残った人類は、エイリアンの技術である「ドローンスウォーム」を操る術を見つけ出した。核爆弾により生物の住めなくなった地球を捨て、新しい故郷となる星を探すために宇宙の旅へと出発する。

 戦闘は無数のドローンスウォームを操り、敵戦艦を攻撃したり、敵の攻撃を防御したりする。ドローンスウォームを二手に分けて攻撃と防御両面に使うなど、ドローンの使い方が重要なゲームだ。

 スウォームの使い方は簡単で、防御と攻撃のどちらかを選び、スウォームが移動するラインをマウスで描く。防御であればスウォームで引いたライン上に壁を作り、攻撃であればラインに沿ってスウォームが移動し、敵に体当たりすることで攻撃する。

 戦闘中にアルゴは動けないため、敵の攻撃を防ぐにはスウォームを操るしかない。3万2000機のドローンがいるとはいえ、攻撃と防御全てをまかなうには足りない。状況に応じてスウォームを呼び戻し、新たに命令を与える必要がある。

 戦艦やドローンは経験を積めばパワーアップさせることができる。道中では敵や物体を移動させる能力など、新たな能力も手には入る。

 ゲームのグラフィックは、スウォームの描写に特化している。無数のスウォームが飛びまわる様はかっこよく、敵の攻撃を防ぎ反撃する姿は爽快感がある。できるだけ近くで見たいと思うのが人情だが、戦闘中はできるだけ視界を確保しなければならず、スウォームの勇姿を間近で見づらい点は少し残念だ。

(画像はSteam『Drone Swarm』より)
(画像はSteam『Drone Swarm』より)
(画像はSteam『Drone Swarm』より)

 思うままにスウォームを駆使して敵と戦う『Drone Swarm』に興味がある方は、まずは体験版を遊んでみるのが良いだろう。体験版は英語のみだが、Wキーで防御、Qで攻撃のラインを引くことを覚えておけば、戦闘でそう迷うところはないはずだ。

 なおゲーム本編にサウンドトラックや特別な母艦アップグレード、コミックスを詰め込んだデラックスエディションは、ゲームが発売されるまで割引価格の税込2582円で購入できる。同作が気になった方はSteamのストアページからチェックしてみてほしい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧