オープンワールドTPS・RPG『Tom Clancy’s The Division』のPC版が無料配布開始。荒廃したニューヨークを舞台にアイテムハントやスキル強化が楽しいアクションゲーム

 Ubisoftは、2016年に発売したオープンワールド型の三人称視点アクションRPG『Tom Clancy’s The Division』無料配布を開始した。配布期間は9月8日(火)17時まで。通常価格は3960円だが、Uplayのアカウントがあれば無料で入手することが可能。また、一度入手すれば同アカウントのライブラリに登録され、いつでも遊ぶことができる。

 『Tom Clancy’s The Division』の舞台となるのは、バイオテロによって荒廃したニューヨーク。プレイヤーは廃墟と化したニューヨークのなかで、特殊機関「ディビジョン」で特殊訓練を受けたエージェントとなり、市民を襲うさまざまな無法者と戦いながらテロの真相や消えたディビジョンの先発隊の行方を探る。

 ゲームは最大4人での協力マルチプレイが軸となっており、「ダークゾーン」と呼ばれるエリアではプレイヤー同士の戦いを楽しめる。アクション性はTPSだがゲーム内容はRPG要素が強く、クエストをこなしレベル上げやアイテムハンティングを通して理想のキャラクターを作り上げていく。敵とのレベル差が開きすぎていると歯が立たないこともあったりと、そういったRPGのゲームプレイが好きな方ならゲームを大いに楽しめるはずだ。

(画像はSteam 『Tom Clancy’s The Division』より)

 2019年にワシントンD.C.を舞台にした続編『Tom Clancy’s The Division 2』が発売されたが、荒廃したニューヨークの雰囲気を楽しめるのは『Tom Clancy’s The Division』だけだ。有名なランドマークがいくつもあり、映画やテレビなどでも見たことのある場所を見つけられるだろう。まだプレイしたことがないという方は、無料配布を機に一度遊んでみて欲しい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧