2013年の高評価作『ブラザーズ 2人の息子の物語』がNintendo Switchでリリース。左右のスティックでそれぞれ兄弟を操作する3Dアクションアドベンチャー

 505Gamesは、スウェーデン⼈映画監督ジョセフ・ファレス⽒と、デベロッパーStarbreeze Studiosが開発したアクションアドベンチャーゲーム『ブラザーズ 2人の息子の物語』のNintendo Switch版の販売を開始した。価格は税込1590円。

 Nintendo Switchへの移植にあたり、ふたりで兄弟を手分けして動かすローカル協力プレイモードが追加。コンセプトアートギャラリー、サウンドトラック、ジョセフ・ファレス監督によるコメンタリー動画(英語⾳声のみ)などのボーナスコンテンツも収録されている

 『ブラザーズ 2人の息子の物語』は、2013年に発売されたアクションアドベンチャーゲーム。ひとりのキャラクターを操作するのではなく、コントローラーの左右のスティックでそれぞれ兄と弟を操作する「ひとり協力プレイ」が特徴となっている。

 兄は力が強く、弟は小柄を活かして狭いところにも入れる。それぞれ能力が違うふたりが協力して、父親の病気を治すための「命の水」を探す。兄弟が旅する幻想的な世界は美しく、たくさんの危険や出会いを通じて兄弟は少しずつ成長していく。

 ストーリーやふたりの兄弟をひとりで操作するゲームプレイ、音楽などで高い評価を受け、2013年の英国アカデミー賞ゲーム部門では、『The Stanley Parable』『Papers, Please』『グランド・セフト・オートV』などの作品をおさえてイノベーション賞を受賞した。

 全体を通してプレイしても3時間ほどでクリアできる比較的短いゲームだが、幻想的で危険な世界を兄弟がふたり力を合わせて先を目指すストーリーは必見だ。ストアページの「絶対に忘れることのできない旅となるでしょう」はうそ偽りのない言葉だ。

 まだプレイしたことがないという方は、Nintendo Switchでのリリースを機にぜひプレイしてもらいたい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧