犬が主役のステルスアクション『THIEF DOG』発表。警察やギャングを相手に犬であることを活かして戦おう

 ゲーム開発会社WarZoneLabは、犬が主役のステルスアクション『THIEF DOG』を発表した。対応プラットフォームはPC(Steam)、価格や発売日は未定。

 『THIEF DOG』の主役や犬のペリー。子犬の頃から財布やハンドバッグを盗む訓練を受けた盗人犬だ。とても賢く、トレイラーではバイクに細工をしてエンジンを吹かした瞬間爆発させたり、トラップを使って敵を一網打尽にするシーンが確認できる。

 飼い主のために盗みを働いていたペリーだが、ある日飼い主はマフィアに命を狙われるようになる。ギャングたちに追われる飼い主を助けるため、ペリーは知恵を絞ってマフィアや警察と戦うことになる。

 プレイヤーは飼い主を助けるために物陰に潜みながら警察署内を探索したり、ギャングたちがうろつく倉庫街を走り回る。また、ペリーはほかの犬を手下にしてギャング団を結成し、より大規模な作戦も展開できるという。

 人間より小さな犬の体を活かしたステルスや、犬の習性を利用した集団行動など、一風変わったステルスゲームになりそうだ。

(画像はSteam『THIEF DOG』より)
(画像はSteam『THIEF DOG』より)
(画像はSteam『THIEF DOG』より)

 なお、Steamストアページでは、ゲームの開発と販売はWarZoneLabが担当すると記載されている。ロイターによるとWarZoneLabはポーランドのゲームパブリッシャーPlayWayの子会社のようだ。

 一風変わったステルスアクション『THIEF DOG』。まだ発表されたばかりで発売日や価格などの詳細は不明だが、興味があるという方はSteamストアページでウィッシュリストに登録して続報を待ってほしい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧