太陽王ルイ14世を守るため邪悪なアンデッド軍団と戦う『Heidelberg 1693』開発中。マスケット銃と剣で恐ろしいゾンビたちと闘おう

 Andrade-Gamesは、16世紀のヨーロッパを舞台にゾンビと戦う2Dアクションゲーム『Heidelberg 1693』の正式な体験版を公開した(ストアリンク)。本編は2020年後半にSteamでリリース予定だ。

 ゲームの舞台となるのは大量のゾンビと死霊が徘徊するとある村で、剣とマスケット銃で武装した「銃士」がゾンビを倒していく。美しくヌルヌルと動くアニメーションと高めの難度が特徴だ。

 『Heidelberg 1693』の主役である銃士は最大4つのヘルスしか備えておらず、近接攻撃を受けたり敵とぶつかるとヘルスがひとつ、マスケット銃で撃たれるとふたつを消費する。敵の攻撃や銃撃をかいくぐりながら、緊張感あふれる戦いが楽しめる。

 ゲームはフランスと西ヨーロッパ諸国の連合アウクスブルク同盟のあいだで行われた大同盟戦争を舞台にしており、太陽王ルイ14世から王位を簒奪しようと邪悪なアンデット軍団を作り上げた「月の王」を倒すため、主人公が戦う。

(画像はitch.io『Heidelberg 1693』より)

 ゲームプレイの特徴は、主人公が銃士という点だ。敵にぶつかっただけでもダメージを受けるため、安全に戦うならマスケット銃に頼ることになる。しかし、一発を撃つと弾込めにしばらく掛かる。ここぞというときに使いたい武器だ。

 またゾンビは斬り伏せるだけでは死ぬことはなく、とどめを刺さなければ何度もよみがえる。マスケット銃なら二度と生き返れないようにすることができるが、弾薬は有限だ。

 ゾンビの知能は高くなく、ほかのゾンビと鉢合わせると殺し合う。遠距離攻撃は敵の体を盾にすれば効率よく敵を倒せるので、同士討ちを狙うのが攻略のコツだ。のろのろと動くゾンビを上手く利用し、圧倒的に不利な戦いを切り抜けよう。

(画像はitch.io『Heidelberg 1693』より)

 体験版は無料でダウンロードできるので、ゲームプレイ動画などにピンと来た方は是非プレイしてみて欲しい。XInput系コントローラーに対応している。体験版は1ステージのみが遊べるが、製品版には20種類のステージが用意されているという。

 滞りなく進めば15分もあればクリアできる体験版だが、かなり難度が高いため、ゲームのコツがつかめるまでは何度もやり直すことになるだろう。クリアするにはもっと長い時間が掛かるかもしれない。

 前述の通りアクションとアニメーションは美しく、ドット絵のアートスタイルはダークでかっこいい。マスケット銃を装備した銃士として戦えるという点も、好きな人にはたまらない設定だろう。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧