ガンホーが子会社のGRAVITYによる『ラグナロクオンライン』IPの新たな展開方針を明らかに。日本では『ラグナロク オリジン』を2021年上半期にリリース予定

 ガンホー・オンライン・エンターテイメントは11月13日(金)に実施した決算説明会【※】で、子会社のGRAVITYが開発するMMORPG『ラグナロクオンライン』のIPを活用した、新作タイトルを6本展開する方針を明らかにしている。

【※】:2020年12月期第3四半期(2020年1月1日~9月30日)

 『ラグナロクオンライン』は、韓国に拠点を置くGRAVITYが、李命進(イ・ミョンジン)氏による漫画『Ragnarok into the abyss』の世界設定をもとに制作したPC向けMMORPGである。日本ではガンホー・オンライン・エンターテイメントが2002年12月1日から正式サービスを運営しており、2020年12月で18周年を迎える。

 決算説明会の資料によれば、いくつかの国内ゲームメディアですでに報じられているiOS、Android向けのMMORPG『Ragnarok Origin(ラグナロク オリジン)』は、2021年上半期の国内リリース予定が発表された。モバイルアプリの市場調査会社であるApp Annieのデータによれば、2020年7月の韓国リリースから執筆時点まで、App StoreおよびGoogle Playのトップセールスランキング上位に留まり続けているようだ。

(画像はガンホー・オンライン・エンターテイメント IRライブラリー「2020年12月期 第3四半期決算説明会資料(PDF)」より)

 さらに、動画共有サービス「TikTok(ティックトック)」などを運営する、中国・ByteDance社との共同配信によるアクションRPG『Ragnarok X: Next Generation』については、2021年の上半期中に東南アジアでリリースする予定も明らかとなった。こちらは10月15日に台湾、香港、マカオに配信され、同地域のApp StoreおよびGoogle Playでセールスランキング1位を獲得している。

 このほか、放置型RPG『The Labyrinth of Ragnarok』は、2020年12月にタイとインドネシアで配信される。また、タイではバトルロイヤルの要素を取り入れた『Ragnarok: Battle Academy』と、韓国の子会社であるネオサイオン社開発のストーリーRPG『The Lost Memories: a Song of Valkyrie』が2021年上半期にリリース予定だ。

 最後に、決算説明会にて触れられた『ラグナロクオンライン』IPの作品で唯一のPC向けである新作MMORPG『Ragnarok Begins』については、2021年上半期に韓国での配信を予定している。

(画像はガンホー・オンライン・エンターテイメント IRライブラリー「2020年12月期 第3四半期決算説明会資料(PDF)」より)
(画像はガンホー・オンライン・エンターテイメント IRライブラリー「2020年12月期 第3四半期決算説明会資料(PDF)」より)

 2019年11月に韓国・釜山で開かれたゲームショウイベント「G-Star 2019」では多くのIP作品が紹介されたが、日本で次にリリースされるのは『Ragnarok Origin』となりそうだ。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧