『マジック:ザ・ギャザリング』の最強カード「ブラック・ロータス」が現在ebayに出品中。入札価格はすでに1億円超え

 『マジック:ザ・ギャザリング』の最強カードと名高い「ブラック・ロータス」が1月18日(月)にオークションサイトebayへ出品された。執筆時点で入札額は1億円を突破している。

画像は『マジック:ザ・ギャザリング』日本公式ウェブサイトより
画像はebayより

 「ブラック・ロータス」とは、トレーディングカードゲーム『マジック:ザ・ギャザリング』のカードの1種。カードを場に出したり、能力を使用する際に必要な「マナ」(コスト)を、「ブラック・ロータス」を生贄に捧げることで3つ生成できるという非常に強い能力を持っており、『マジック:ザ・ギャザリング』初期の強力カード9枚である「パワー9」の筆頭格

【更新 2021/1/19 12:30】 記事初版にて「場に出すだけで」と記載しておりましたが、正しくは「「ブラック・ロータス」を生贄に捧げることで」でした。訂正しお詫び申し上げます。

 その強力すぎる能力ゆえに、現行ルールでは禁止カードとなっているうえ、一部を除いてほぼすべてのカードをデッキに入れられる「ヴィンテージ」フォーマットにおいても、デッキに1枚しか入れることができない。また、開発会社であるウィザーズ・オブ・ザ・コースト社も「再録はしない」と公表している。

 ちなみに、2020年1月に発売された『デュエル・マスターズ』「謎のブラックボックスパック」にて『マジック:ザ・ギャザリング』とのコラボカードとして「ブラック・ロータス」が収録され話題となった。

 「ブラック・ロータス」は、1993年に発売された最初の基本セットである「Limited Edition Alpha」、その後発売された基本セット「Limited Edition Beta」、「Unlimited Edition」に収録されており、その中でもっとも希少性が高いのはたった1100枚しか印刷されなかった「Limited Edition Alpha」となっている。

 今回出品されている「ブラック・ロータス」はもっとも希少な「Limited Edition Alpha」に収録されていたもの。さらにスレやキズが無いことはもちろん、傷つきやすい角の状態も非常に良く、トレーディングカードのグレーディングサービスを行うPSAがつけたスコアは最高の「GEM MINT 10」となっている

 みなさんの年末年始の大掃除で出てきたトレーディングカードに、もしかしたらお宝が眠っているかもしれない。かつてのデュエルを回顧しながら、現在の価値をチェックしてみてはいかがだろうか。

ライター
ベヨネッタとロリポップチェーンソーでゲームに目覚めました。 3D酔いと戦いつつゲームをする傍ら、学生をしています。
Twitter:@d0ntcry4nym0re
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ