長らく販売が停止していたNintendo Switch用アクションRPG『ファイナルソード』が『ファイナルソード DefinitiveEdition』として再販開始

 長らく販売が一時中止になっていたNintendo Switch用アクションRPG『ファイナルソード』『ファイナルソード DefinitiveEdition』としてニンテンドーeショップにて再販となった。価格は1799円。

 『ファイナルソード DefinitiveEdition』はHUP Gamesが開発したアクションRPGだ。スマートフォン向けにも一部内容が異なる『ファイナルソード (MobileEdition)』として発売された。

 主人公は病気の母親の世話をする、とある若者。治療するための薬草が必要だが、村の外には邪悪なモンスターが徘徊している。一度も剣を握ったことがない主人公だったが、母親のために村を出ることを決心する。

 本作は2020年7月にNintendo Switchでリリースされたが、その後音楽の一部が『ゼルダの伝説』からの盗用ではないかとの疑いがかけられた。この疑惑により、ゲームは販売を一時中止することとなった。
 HUP Gamesにコメントを求めた国内メディアAUTOMATONによると、疑いのある楽曲は購入した既製品のBGM集に含まれていたことが判明。同社は当該箇所を差し替えて再販に向け動くこととなった。

 SNSなどを中心に話題となった作品だが、HUP Gamesはエンディング部分「だけ」をYouTubeなどにアップロードしないように呼びかけている。生放送などでエンディングに到達した場合はもちろんその限りではなく、あくまでエンディング部分「だけ」をアップロードしないで欲しいということだ。

(画像は『ファイナルソード DefinitiveEdition』より)
(画像は『ファイナルソード DefinitiveEdition』より)
(画像は『ファイナルソード DefinitiveEdition』より)
(画像は『ファイナルソード DefinitiveEdition』より)

 SNSを見て、ゲームを遊んでみたいと思っていた方も多いのではないだろうか。疑いのある箇所は修正され『ファイナルソード DefinitiveEdition』としてようやく遊べるようになった。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ