『Dead by Daylight』の日本公式大会が開催決定。賞金総額は300万円、1月25日から1月31日まで公式サイトにて参加申請を受付中

 Behaviour Interactive Inc.は1月25日(月)、同社が提供する非対称アクションホラーゲーム『Dead by Daylight』の日本公式大会「Dead by Daylight Japan Championship」を開催すると発表、オンラインでの参加申請の受付を開始した。

画像はDead by Daylight | Console Launch Trailerより
画像は「Dead by Daylight Japan Championship」公式サイトより

 『Dead by Daylight』は、キラー1名対サバイバー4名で行う非対称のマルチプレイホラーゲーム。プレイヤーは、殺戮場という不気味なステージを舞台にサバイバーを追いかけるキラー、または逃げ回るサバイバーのいずれかとしてプレイする。また、『SILENT HILL』の三角頭や、『スクリーム』のゴーストフェイスなどさまざまなホラー作品の登場人物がキラーとして登場するのも魅力のひとつだ。

 「Dead by Daylight Japan Championship」では、5名と補欠1名で1チームとして、全員のキラーランクまたはサバイバーランクの平均がもっとも低い32チームが予選に参加できる。なお、平均ランクは参加申請の際の登録ロールに則り算出される。賞金総額は300万円となっており、優勝チームは120万円。

 全ての試合はゲーム内のカスタムモードで行われ、PlayStation4、またはPlayStation5でのプレイとなる。試合は決勝が3ラウンド、そのほかの試合は2ラウンド行われる。ラウンドは前半戦、後半戦に分かれており、それぞれでキラー・サバイバーを交代する。

 マップはA、B、Cの3つのグループに分かれており、試合に使用するマップは事前に運営が抽選を行って決定する。

A グループ:ハドンフィールド、マクミラン・エステート、ギデオン食肉工場、山岡邸、 グレンベールの墓場
B グループ:コールドウィンド・ファーム、レッド・フォレスト、スプリングウッド、サ イレントヒル、バックウォーター・スワンプ
C グループ:クロータス・プレン・アサイラム、オーモンド、ホーキンス国立研究所、レ リー記念研究所、オートヘイヴン・レッカーズ

 キラーでプレイしている際にサバイバーを処刑することでのみポイントを手に入れることができ、サバイバー側は点を与えないように脱出を目指すこととなる。キラーをラウンドごとにBANするルールも用意されており、かなり競技性に寄せようとしている傾向が伺える。

 参加申請の締め切りは1月31日(日)。予選ステージは2月9日(火)から2月14日(日)に開催され、2月20日(土)、21日(日)、27日(土)、28日(日)に開催される決勝トーナメントは公式YouTubeチャンネルにて生配信される。

ライター
ベヨネッタとロリポップチェーンソーでゲームに目覚めました。 3D酔いと戦いつつゲームをする傍ら、学生をしています。
Twitter:@d0ntcry4nym0re
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ