『天穂のサクナヒメ』を遊びながら、リアル農家さんが実際のお米づくりを解説する動画が公開。ゲームでは描かれなかった詳細な米づくりとは

 福山新田山暮らし支援会は、稲作を題材にしたアクションゲーム『天穂のサクナヒメ』を遊びながら、米農家さんが実際のお米づくりを解説する動画の第一弾『こだわりの農家さんと楽しく解説しながらお米づくりPART1』をYouTubeで公開した。

 この動画は、新潟県魚沼市の集落・福山新田で、就農活動などの相談をしている福山新田山暮らし支援会が作成したもの。人口約120人の山間部にある集落・福山新田は、昼夜の激しい寒暖差と、山のきれいな清水を稲作利用できることから、甘くておいしいコシヒカリができることが特徴の地域だという。

 動画では、魚沼市地域おこし協力隊福山新田地区担当のシマダ氏が『天穂のサクナヒメ』を遊びつつ、実際に農家としてお米作りをしているイチイ氏に実際の米作りがどのようなものかを聞き出す内容となっており、詳しい米作りの工程や米作りの大変な点などがわかる興味深い内容となっている。

(画像は【天穂のサクナヒメ/田起こし・代かき】こだわりの農家さんと楽しく解説しながらお米づくりPART1 – YouTubeより)
(画像は【天穂のサクナヒメ/田起こし・代かき】こだわりの農家さんと楽しく解説しながらお米づくりPART1 – YouTubeより)

 発売時、SNSでは「農林水産省のホームページが攻略になる」といった声があがるほど、ゲームの中の本格的な米作りが話題になった『天穂のサクナヒメ』だが、実際に米作りをしているイチイ氏によると、本作には省略されている作業工程などがあるという。
 たとえば、田んぼを平らにする「代かき」といった工程があることや、イチイ氏の場合、田起こしの前に雪をどかしたり水路掃除といった作業があるとのこと。また他にも現実では、作業工程が順番が違う箇所があるようだ。

 この動画には『天穂のサクナヒメ』の開発者である、なる氏もTwitterで「現実の稲作と比べるとやっぱりゲームの方は至らない所が多くて苦笑いですが、うち的に勉強になりますねこれは…。」と好意的な反応を示した。

 『天穂のサクナヒメ』をプレイして、大まかな米作りの作業を把握した人にとっては大変、勉強になる内容となっているといえそうだ。なお公開されている動画は、冬、春の「田植え期」にあたる部分で、続きもアップロードされる予定とのこと。『天穂のサクナヒメ』をプレイした人は、ぜひ動画をご覧になって実際の米作りがどのようなものかを知ってみてはいかがだろうか。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ