実際のジオラマ模型を背景へ取り入れた坂口博信氏による新作RPG『ファンタジアン』の情報が公開。Apple Arcadeで近日配信予定

 アメリカ・ハワイ州に拠点を置くミストウォーカーは3月3日(水)、Apple社が提供するゲームサブスクリプションサービス「Apple Arcade」の“Coming Soon”ページにて、新作のロールプレイングゲーム『FANTASIAN』(以下、ファンタジアン)に関する情報を公開した。
 本作はサービスへの加入を前提としてiPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple TVに向けて近日配信される予定だ。

 ミストウォーカーは『ファイナルファンタジー』シリーズにおける中心的な開発人物のひとりとして知られる坂口博信氏が立ち上げたスタジオである。代表作にはXbox 360とニンテンドーDS向けの『ブルードラゴン』シリーズや、iOSとAndroid向けに配信された『テラバトル』シリーズが挙げられる。

 今回新たな情報が公開された『ファンタジアン』はApple Arcadeの発表にあわせて公表された作品で、150個近く制作されたジオラマ模型を使用している背景が大きな特徴だ。

(画像はミストウォーカー公式サイトより)
(画像はミストウォーカー公式サイトより)

 また、ランダムにエンカウントした敵を“異次元へ吹き飛ばす”ことで、探索時におけるエンカウントのわずらわしさを回避しつつ、好きなタイミングでまとめて戦える「ディメンション・システム」も特徴となっている。

 戦闘時には、弓をひくようなタップ&ドラッグの動作で直線・カーブなどの攻撃範囲をもつスキルを発動可能。異次元では味方に有利なギミックも登場するほか、ボス戦は作戦次第で低レベルでも撃破できるようデザインされているようだ。

 さらに、全60曲のBGMはすべて作曲家の植松伸夫氏による書き下ろし音源で、オーケストラサウンドとシンセサイザーの組み合わせで世界を彩る。作品のボリュームは前編で20~30時間、後編も20~30時間の計40~60時間となっているため、クリアを迎える頃にはそれぞれのプレイヤーに思い出深い楽曲が生まれていることだろう。

 なお、詳細な配信日の情報は執筆時点で公開されていないため、本作に興味があればApp Storeでの通知登録やミストウォーカーの公式Twitterアカウント(@mistwalkerjp)をフォローして続報を待ってみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ