『スーパーマリオRPG』が発売から25周年を迎える。任天堂とスクウェアが手を組んで開発したマリオ初のRPG、当時はパックンフラワーが歌うCMも話題に

 2021年3月9日(火)は、『スーパーマリオRPG』が発売されてから25周年の日にあたる。この日を祝して、任天堂の公式Twitterアカウント「スーパーマリオブラザーズ35周年」や、『スーパーマリオRPG』の開発者がお祝いのツイートを投稿している。

 1996年3月9日に発売されたスーパーファミコン向けソフト『スーパーマリオRPG』は、任天堂とスクウェアによるアクションRPG。あの人気キャラクター「スーパーマリオ」を主役とした『ファイナルファンタジー』シリーズのスクウェアのRPGということで題性を呼び、当時大ヒットを記録。またコミカルなストーリーや、クォータービューのグラフィック、ジャンプアクションなどマリオならではのシステムが評判を呼び、ユーザーから高い評価を得ることができた。

 また当時、「ロールプレイングゲーム♪ やったことない人も (OK!) マ・リ・オと旅にでようドラマを作ろう♪」とパックンフラワーが歌うテレビCMが盛んに放送され、記憶に残っている人も多いだろう。特典としてスーパーファミコン本体が4000円割引になるクーポン券も付属していた。

(画像はYouTube『【ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン】スーパーマリオRPG』より)
(画像はYouTube『【ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン】スーパーマリオRPG』より)
(画像はYouTube『【ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン】スーパーマリオRPG』より)

 開発スタッフとしては、『スーパーマリオ』の生みの親である宮本茂氏がプロデューサー、『ファイナルファンタジー』シリーズの坂口博信氏がスーパーバイザーを務めている。またのちに『moon』を手掛けることになる倉島一幸がモンスターデザインやキャラ区デーデザインを担当。倉島氏は『スーパーマリオRPG』のイラストをツイートして25周年を祝している。

 また『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』の桜井政博氏も本作の25周年をツイートで祝した。

 なお現在、『スーパーマリオRPG』をプレイするならばWii Uのバーチャルコンソールか、ミニスーパーファミコンに収録されているので、それらを利用するのが手軽だろう。『マリオ&ルイージRPG』を遊んだことがあるが、原点ともいえる『スーパーマリオRPG』を遊んだことがない人は、この機会に遊んでみてはいかがだろう。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ