ゲーム配信で「ディスクの読み込み音」を一緒に収録して流す配信が話題に。いまではあまり聞かなくなった音に当時のゲーマーから「懐かしい」の声

 ダウンロード販売が少しずつシェアを伸ばし、ゲームの記録装置もHDDからSDDに入れ替わりつつある昨今、耳にする機会が減っているものがある。それが「ディスクの読み込み音」だ。
 オールドゲームのコレクターでストリーマーのHungry Goriya氏は、そんなディスクの読み込み音を流しながらゲーム配信をするという一風変わった取り組みをしており、海外で注目を集めている。

 使われたコンソールはドリームキャスト。ビジュアルメモリに電源が入ったときの「ピーッ」という音や音楽家の坂本龍一氏が作曲した起動音も有名だが、ディスクを読むときの独特の「ジー」という作動音は、当時ドリキャスで遊んでいたファンには懐かしく聞こえるのではないだろうか。

Hungry Goriya氏
(画像はTwitter@hungrygoriyaより)

 Hungry Goriya氏は『Skies of Arcadia』(エターナルアルカディア)の配信からドリームキャストのディスク読み込み音を流している。マイクを本体に向けて設置して音声や声とともに同時に収録することで懐かしい音を拾い上げた。氏のTwitterアカウントには、どのようにドリキャスの音を収録したのかも写真で紹介されている。

 Hungry Goriya氏は海外メディアKotakuのインタビューを受け、「このアイデアは、ストリーム技術を支えてくれている私の配偶者からもたらされました」と、アイデアの出所を語っている。「そんなに作動音がうるさいとマイクに入っちゃうね」と、皮肉っぽく言われたのだという。それを逆手に取り、ある種の郷愁をもたらす作動音を流すことにした。

 氏は「ドリームキャストは非常にはっきりとした音を出し、コンソールで育った人々に懐かしい思い出を呼び起こしました」と伝えており、配信でもこのノイズは狙い通り好評でだったようだ。上記の動画でも独特の作動音が堪能できる。あまり気にすることはなかったが、久しぶりに聞くと確かに懐かしい。

(画像はTwitter@hungrygoriyaより)

 筆者はドリームキャストのディスク読み込み音のほかにも、PlayStation Portableの作動音をよく覚えている。携帯ゲーム機としてはディスクメディアでゲームを読み込むというのは珍しく当時は驚いた。こうした当時はどうでもよい、あるいはノイズとしか聞こえなかった音が、あとになって懐かしさを呼び起こすトリガーになるというのも少し不思議だ。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ