『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』の新作2Dアクションゲームが正式発表。4匹の亀がシュレッダーに立ち向かう『TMNT: Shredder’s Revenge』がPCと家庭用ゲーム機で発売へ

 『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』を題材にしたアクションゲーム『Teenage Mutant Ninja Turtles: Shredder’s Revenge』(以下、TMNT: Shredder’s Revenge)が正式発表された。

 ゲームパブリッシャーはパリに拠点を置くDotemu、開発はTribute Games。対応プラットフォームはPC(Steam)とコンソールとなっており、価格や発売日は未定だ。

 『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』は1984年に発行された原作コミックを元とするシリーズで、アニメや映画などさまざまなメディアで展開されてきた。本編ではニューヨーク市の下水道で暮らす4匹のカメのミュータント「レオナルド」、「ラファエロ」、「ミケランジェロ」、「ドナテロ」が、犯罪者やエイリアンと戦う。彼らはそれぞれ二刀流の剣やヌンチャクなど、それぞれが解く武器を持っており、全員好物はピザで共通している。

 1987年には最初のアニメシリーズがアメリカで放送されており、日本でも放送局を変えながら『アイドル忍者タートルズ』『ミュータント・タートルズ』という名前で吹き替え版アニメが放送。その後何度もアニメ化、映画化されている。上記のトレイラーでも流れている主題歌は、どこかで聴いたことがある方も多いのではないだろうか。

 『TMNT: Shredder’s Revenge』は1987年に放送されたアニメ版をベースにした横スクロールアクションゲーム。最大4人でプレイでき、それぞれが異なるタートルズを選んでシュレッダーやさまざまな怪人と戦うことになる。アニメの軽妙なユーモアも踏襲しており、明るいノリのゲームだ。

 また、本編ではゲームだけのオリジナルストーリーが展開されるという。なおタイトルにもある「シュレッダー」はライバルのひとりで、犯罪組織フット団を率いている。このほか、コナミ(現コナミデジタルエンタテインメント)がファミコンやアーケードでリリースしたベルトアクションゲーム『T.M.N.T. 〜スーパー亀忍者〜』をほうふつとさせるドット絵も特徴だ。

(画像はSteam『Teenage Mutant Ninja Turtles: Shredder’s Revenge』より)
(画像はSteam『Teenage Mutant Ninja Turtles: Shredder’s Revenge』より)
(画像はSteam『Teenage Mutant Ninja Turtles: Shredder’s Revenge』より)
(画像はSteam『Teenage Mutant Ninja Turtles: Shredder’s Revenge』より)

 ゲームを開発するTribute Gamesはファミコンライクな2Dアクション『Panzer Paladin』などを開発しており、パブリッシャーのDotemuはセガの人気シリーズの続編『ベア・ナックルIV』を正式にライセンスを受けて開発した経験がある。本作での出来にも期待が持てそうだ。

 『TMNT: Shredder’s Revenge』は、PCとコンソール向けに現在開発中。Steamページはオープンしているので、興味がある方はウィッシュリストに登録して続報を待ってほしい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ