「正直な話、『Fallout 76』で“失敗しなかったこと”は本当に少しだけでした」。Bethesdaのトッド・ハワード氏がローンチ時の大失敗について苦い思い出を振り返る

 マイクロソフトが『The Elder Scrolls』シリーズのBethesda Softworks(以下、Bethesda)などの親会社ZeniMax Mediaを買収した。これにあわせて、Bethesdaやそのほかのスタジオの主要スタッフと討論する番組「Bethesda Joins Xbox – Roundtable」が公開された。

 その中で、Bethesdaのトッド・ハワード氏が『Fallout 76』のリリース直後の大失敗について、その苦い思い出を語っている。同作はNPCの欠如やバグなど、さまざまな面で発売直後から批判のあった作品として知られる。

 座談会でマイクロソフトのビジョンが語られたあと、話はBethesdaへと焦点が移った。最初に語られたのは2020年7月にXbox Game Passでも配信された『Fallout 76』について。ハワード氏は苦い思い出のことを思い出していたようで、「みなさんが『Fallout 76』に言及しているとき、私の心には別のものが浮かんでいました」と、リリース時のことを語り始めた。

トッド・ハワード氏:
 「私たちは多くの人を失望させました。正直な話、発売時に”失敗しなかったこと”は本当に少しだけでした」

 ハワード氏は『Fallout』シリーズの制作を指揮した人物だ。『Fallout 76』にはエグゼクティブプロデューサーとして関わっており、すぐさまゲームの改善に向けて動き出した。改善法を模索する中で相談した相手のひとりが、Xboxブランドを率いるフィル・スペンサー氏だった。

 スペンサー氏はゲーム開発に詳しいXboxのスタッフとハワード氏をつなぎ、何が重要で何が重要でないかというアドバイスを受け取ったのだという。それはゲームを改善する上で大きな助けとなったとハワード氏は振り返っている。

 そんな改善もあってか、今は『Fallout 76』Xboxでもっともプレイされているゲームのひとつになったという。ハワード氏はその幸運に感謝していると話をまとめた。

(画像はMicrosoft Store『Fallout 76』より)
(画像はMicrosoft Store『Fallout 76』より)

 バグやNPCの欠如など、リリース当時から大きな批判を浴びた『Fallout 76』だが、今ではXboxでもっとも遊ばれているゲームのひとつになったというのは驚きだ。Xbox Game Passに加入すれば、『Fallout 76』も遊び放題となる。興味がある方はプレイしてみてほしい。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ