第二次世界大戦の復興をテーマにしたシミュレーションゲーム『WW2 Rebuilder』発表。戦争で荒廃したロンドンの都市を自分の手で復興させよう

 ゲームパブリッシャーのPlayWayは、第二次世界大戦後のヨーロッパを舞台に戦争の混乱から街を復興させるシミュレーションゲーム『WW2 Rebuilder』を発表した。ポーランドに拠点を置くMadnetic Gamesが開発を担当する。発売時期や価格などは未発表で、対応プラットフォームはPC(Steam)。現時点で日本語は未対応とされている。

 『WW2 Rebuilder』は、第二次世界大戦で荒廃したロンドンの都市を復興させるゲームだ。再建するためにがれきを片付けゴミを拾い、新しい建物や道路を建設。戦争で戦う英雄ではなく、戦争から立ち上がる英雄になれる。PlayWayはさまざまなシミュレーター系ゲームのパブリッシングを担当しているが、本作もそれらと同様に一人称視点が基本となるようだ。

 ゲームを開始したあと、プレイヤーの前には戦争で荒廃した街が広がっている。都市を再建するためにさまざまなツールを用いて、資源を管理しながら復興を目指す。戦火を逃れた資材はそのまま使ったり、拾ったゴミでも資材として使えるため無駄にできない。

 自らの足でがれきを片付け、足場を運んですすけた建物を磨く。時には重機を使って建物を解体する。本来これらはひとりで行われたわけではないだろうが、当時の人々の復興に向けた努力を追体験できるだろう。主目標と副目標が設定されており、これらをこなすことでゲームは進行していく。

(画像はSteam 『WW2 Rebuilder』より)
(画像はSteam 『WW2 Rebuilder』より)
(画像はSteam 『WW2 Rebuilder』より)
(画像はSteam 『WW2 Rebuilder』より)

 第二次世界大戦をテーマにしたゲームの中では、終戦後の復興というテーマはかなり異色だが、それだけにゲームにする意義があることは間違いない。ゲームに興味がある方はウィッシュリストに登録し、続報を待ってほしい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ