宇宙人狼ゲーム『Among Us』に新マップ「AIRSHIP」リリース。「ゴミ箱をカラにする」など新しいタスクも楽しめる、不正行為撲滅への第一歩となるアカウントシステムも搭載

 Innerslothは日本時間4月1日(木)、宇宙人狼ゲーム『Among Us』の新しいマップ「AIRSHIP」を含む大型の無料アップデートをすべてのプラットフォームで配信した。また、「AIRSHIP」のリリースを記念して新しいスキンパックも販売されており、Steamでの価格は205円となっている。

 『Among Us』の新マップ「AIRSHIP」は過去最大のサイズとなっており、新しく「ゴミ箱をカラにする」や「宝石を磨く」といったタスクが追加。移動プラットフォームやはしごといった新たな移動アクションが登場するほか、ゲームをスタートする際に自分がいる部屋を選べるようになっている。

 システム面も強化され、今回のアップデートでアカウントシステムが導入された。このアカウントシステムは、おもにチーターや嫌がらせ行為を報告するために利用される。不適切な名前、不適切なチャット、不正行為、ハッキング、嫌がらせなどを報告でき、認められればアカウントの一時的な利用停止、あるいは永続的なBANなど罰則が科せられる。 

 フリーチャットに参加する際にもアカウントの制作は必須で、国ごとの法令に従ってアカウントが作れる最低年齢が設定されている。多くの場合は13歳以上となり、それ以下の場合でも保護者の同意を得れば制作可能だ。アカウントがない場合でもゲストモードでゲームはプレイできるが、名前がランダム、フリーチャットに参加できないなどいくつかの制約がある。

 なお今のところひとつのデバイスにひとつのアカウントしか登録できないが、今後複数アカウントが登録できるようになる予定だ。また将来的にはフレンドシステムや、アカウント間のスキンの転送などにも利用できるようになるという。

(画像はSteam 『Among Us』Airship Skinsより)
(画像はSteam 『Among Us』Airship Skinsより)
(画像はSteam 『Among Us』Airship Skinsより)
(画像はSteam 『Among Us』Airship Skinsより)

 Innerslothは、今後のロードマップについても発表している。大きな更新は「アートスタイルの完全な刷新」、「最大15人まで参加できる大型ロビー」、そして「開発プロセスの透明化」。新たに2名のプログラマーが開発会社に参加し、より迅速に開発が進められるという。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ