2人協力プレイアクション『It Takes Two』のSteamの最大同時接続数が3万7000人を超える。「退屈だと思ったら1000ドル払う」と豪語するほどの自信作は非常に高い評価を得る

 3月26日にElectronic Artsからリリースされたアクションゲーム『It Takes Two』。2人協力プレイという敷居の高さがありながらも、同作のSteamにおけるプレイヤー同時接続数が3万7000人を超えたことが、Steamデータの外部統計サイトSteamDBから明らかとなった。『It Takes Two』本体(2万1000人)と、ゲームを無料で遊べるフレンドパス(1万6000人)の合計値となる。

 『It Takes Two』は、『ブラザーズ:2人の息子の物語』『A Way Out』など、協力プレイをテーマにした作品を多数作り上げた映画監督でゲームデザイナーのジョセフ・ファレス氏の新作アクションゲームだ。離婚間際の夫婦が、不思議な力によって人形にされてしまう。ふたりは元に戻るため、いやいやながらも一緒に冒険を開始する。

 全編協力プレイに主眼が置かれており、ひとりでは遊べない。SteamではRemote Play Togetherに対応、ほかのプラットフォームでは製品版を所有しているほかのプレイヤーと一緒に遊べる無料の「フレンドパス」が用意されている。

 レビューの評価もかなり高く、参考値ではあるもののレビュー統計サイトMetacriticによるとPC版のメディアによる平均スコアは90点となっている。ユーザースコアも平均値は8.8点と高く、批評家やプレイヤーからおおむね高い評価を得ていることがわかる。

 ジョセフ・ファレス氏はかなりのビッグマウスとしても知られており、海外メディアGame Informerにて「”このゲームは退屈で驚くべきことが何ひとつない”と思った人にはもれなく1000ドルあげるよ!」と語っていた。さまざまな海外ニュースやフォーラムを見ているが、今のところファレス氏から1000ドルもらったという話は見つけられていない。少なくとも現時点で、ゲームをプレイしたすべてのプレイヤーはゲームが退屈だと思わなかったのだろう。

(画像はSteam 『It Takes Two』より)
(画像はSteam 『It Takes Two』より)
(画像はSteam 『It Takes Two』より)

 高い評価を得た『It Takes Two』はPlayStationプラットフォーム、Xboxプラットフォーム、PCにて販売中。1000ドルをもらうために絶対驚かないぞ!という方も、純粋にゲームを楽しみたい方も試して見る価値は大いにある作品だ。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ