亡くなったおばあちゃんに会うため、とびっきりの1日を過ごす幻想的なアドベンチャーゲーム『すみれの空』5月27日発売

 任天堂のインディーゲーム紹介番組「Indie World 2021.4.15」にて、東京に拠点を置くメーカー・GameTomoは新作アドベンチャーゲーム『すみれの空』を5月27日(木)に発売すると発表した。日本語にも対応し、価格は後日発表とのこと。

 対応プラットフォームはNintendo SwitchとPC(Steam)。Steamではゲームの序盤を遊べる無料の体験版も配信中だ。

 『すみれの空』は亡くなったおばあちゃんに会いたいと願う主人公スミレが、「とびっきりの1日」を過ごすアドベンチャーゲームだ。「とびっきりの1日を過ごしたらおばあちゃんに会わせてあげる」という花の精霊に導かれ、水彩画で描かれたような幻想的な世界を探索することになる。
 幻想的な雰囲気を盛り上げるBGMやゲームのメインテーマは、国内外で高い評価を集めるアコースティックバンド「TOW」が担当している。

 人だけでなくネコやカカシなど、登場するキャラクターの悩み事を解決したり、親との関係を見つめ直したりと、さまざまな方法でとびっきりの1日過ごすことを目指す。1日は刻一刻と過ぎていき、時間によって会えるキャラクターも変わる。
 冒険の中ではスミレ以外にも願いを抱えたキャラクターが登場し、時として冒険を邪魔しようとするキャラクターも登場する。

 また、スミレの行動は時としてとびっきりの1日を台無しにする悪い行いもあるようだ。体験版では「友達に仕返しをする」という、とびっきりの1日を過ごすには少し後ろ向きな目的がちらりと登場する。何をして、何をしないかはプレイヤーの自由だ。

 空がすみれ色に染まるころ、スミレはとびっきりの1日を通じておばあちゃんと再会することはできるだろうか。

(画像は『すみれの空』より)
(画像は『すみれの空』より)
(画像は『すみれの空』より)

 心温まる物語が期待できそうな『すみれの空』は、5月27日にNintendo SwitchとSteamで発売予定だ。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ