ダンジョンRPG『ダンジョンに捧ぐ墓標』が配信開始。ダンジョンだけでなく街すらもその姿を変えていく

 ワンダーランドカザキリはローグライク要素があるアクションRPG『ダンジョンに捧ぐ墓標』を配信開始した。対応プラットフォームはPlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switch、PC(Steam)。価格は税込2530円となっている。

 『ダンジョンに捧ぐ墓標』はローグライク要素のあるRPGで、ターン制ではなくリアルタイムアクションとなっており、特徴的なボクセルアートのビジュアルデザインを採用している。

 目が覚めるとそこは見知らぬ街。主人公の前にはダンジョンへの入り口がだけが待っていた。潜るたびに形を変え、様々なトラップが待ち受けるダンジョンに挑み、無事に戻ることはできるのか。本編ではダンジョンだけでなく、街すらもその姿を変えていく。

 ゲームではダンジョンに潜ってアイテムを獲得し、装備を強化してさらに下層を目指そう。街の酒場にはさまざまなクエストが張り出されているので、ダンジョンに潜る前にクエストは受けておこう。ダンジョンの水辺には魚が生息しているので、釣り竿をもっていけば釣りをすることも可能だ。ダンジョンにから帰還すると、街の雰囲気すらなぜか変わることもあるという。

 さらに特徴として「ブラッド」という要素があり、ダンジョン内では主人公の血が減っていく。敵を倒すと補充することができる。ブラッドが尽きてしまうと最後には死んでしまう。死んだフロアには墓標としてメッセージを残すことができ、次におとずれた冒険者そのメッセージを見ることができる。

(画像はダンジョンに捧ぐ墓標 ダウンロード版 | My Nintendo Storeより)
(画像はダンジョンに捧ぐ墓標 ダウンロード版 | My Nintendo Storeより)
(画像はダンジョンに捧ぐ墓標 ダウンロード版 | My Nintendo Storeより)
(画像はダンジョンに捧ぐ墓標 ダウンロード版 | My Nintendo Storeより)

 本作を開発したのは日本のインディースタジオであるワンダーランドカザキ。移植を含めてほぼひとりで作っており、以前には自分だけのダンジョンを作り、シェアができる『ブロッククエスト・メーカー』を開発したことがある。

 ダンジョンRPG『ダンジョンに捧ぐ墓標』はPS4、Xbox One、Nintendo Switch、PC(Steam)で配信中だ。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ