ソニー、『Destiny』シリーズの開発に関わったスタッフが在籍するFirewalk Studiosとの独占パートナーシップを発表。新たなマルチプレイゲームを開発中

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、SIE)は、Firewalk Studiosとのパートナーシップを結んだと発表した。Firewalk Studiosの開発する新しいマルチプレイゲーム向けIPは、SIEから独占的に販売されることになる。

(画像はPlayStation.Blogより)

 Firewalk Studiosは、アメリカ合衆国ワシントン州に拠点を置くProbablyMonstersの傘下スタジオ。スタジオ責任者のトニー・スー氏はActivisionでゼネラルマネージャーおよびシニアバイスプレジデントを務めていた人物だ。ゲームディレクターのライアン・エリス氏も、かつてBungieにて『Destiny』のクリエイティブ・ディレクターを務めていた。

 ほかにもエグゼクティブ・プロデューサーのエレナ・シーグマン氏は『Guitar Hero II』『Bioshock Infinite』、そして『Destiny』の複数の作品のプロデューサーを歴任。『Mass Effect』『エーペックスレジェンズ』『Call of Duty』シリーズなどの開発に関わったメンバーも在籍している。

 スタジオがどのようなマルチプレイタイトルを開発しているかは明かされなかったが、AAAタイトルで、現在テストプレイを楽しんでいる状況だという。新型コロナウイルスの感染拡大によりスタジオのメンバーはそれぞれ離れて作業を行っているが、オンラインプレイテストがチームメンバーをつないでいる。「プレイヤーの皆さんに同じような喜びをお届けするのが私たちの目標」とスー氏は語っている。

ゲームの画像ではなく、Firewalk Studiosのメンバーが描いたアート
(画像はFirewalk Studios公式サイトより)

 以下、PlayStation.Blogでの発表全文となる。

ソニー・インタラクティブエンタテインメントとFirewalk Studiosがマルチプレイヤーゲーム向け新規IPにおけるパブリッシングパートナーシップを発表

Tony Hsu
Firewalk Studios スタジオ・ヘッド

マルチプレイヤーのプレイテストでは日々誰かが「今、何が起こったのか見た?」と、席を揺らしながら笑い、誰に言うともなく話しかけることは、よくある光景です。そして、このように刺激的で予測不可能な瞬間は、他のプレイヤーと一緒にゲームを楽しんでいる時に起こりうることで、記憶の中で繰り返し再生され、語り継がれていくものです。

私たちは2018年にFirewalk Studiosを創設しましたが、ゲーム開発において、このような瞬間がいつも私たちの中心にあります。

このような素晴らしい瞬間があるからこそ、私はかつて毎晩深夜2時まで『ファンタシースターオンライン』をチームでServer9からプレイしていたのです。ニューヨークの自宅アパートで騒音を注意しにきた隣人が、気が付くと『Rock Band』を一緒に演奏してくれたこともありました。

チームのほかのメンバーは、彼らのクルーと一緒に毎晩『Diablo II』を楽しみながら、最後の完璧な鎧のセットアイテムを探索したり、激戦の『Halo』のゲームトーナメントでオンライン予選を勝ち抜いたり、数学の期末試験をサボって『Left 4 Dead 2』のLANパーティーを開いたりしていました。

次世代のAAAスタジオとして、また、ProbablyMonstersのファミリーの一員として、このような瞬間を創出できる才能豊かな人材を集め、魅力的で多様性のあるチームを作りました。すべてのメンバーが、ゲームに対して深い情熱を抱き、その情熱を形にしていく技を備えています。Firewalkには「最高のチームを作り、最高のゲームを作る」というスローガンがあります。これはひとつの事柄が別の事柄へとつながっていく、ということを意味しています。ProbablyMonstersは世界に通用するオペレーションチームとインフラストラクチャーを通して、人材を第一に考える持続可能な開発文化の育みと、素晴らしいゲームの提供の両立に注力できるようになりました。

私たちのリーダーシップチームは、これまでプレイヤーの記憶に残るマルチプレイヤー体験を創出してきました。ゲームディレクターのRyan Ellisは『Destiny』のクリエイティブ・ディレクターを務め、エグゼクティブ・プロデューサーのElena Siegmanは『Guitar Hero II』『Bioshock Infinite』、そして「Destiny」の複数の作品のプロデューサーを歴任してきました。さらには、才能溢れる私たちのチームは『Mass Effect』や『エーペックスレジェンズ』などのフランチャイズを世に送り出しました。「コール オブ デューティ」や「Destiny」での経験(そして、何千時間にもおよぶプレイ体験をしたこと)と合わせて、この10年間で最大級の体験をプレイヤーの皆さんにお届けできたことを、大変誇りに思っています。

本日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントと私たちの新作マルチプレイヤーゲームに関するパートナーシップを発表できることを、大変嬉しく思います。新たな世界を創造し、世界中のプレイヤーの皆さんにより素晴らしい瞬間をご提供できる機会があることこそが、私たちを前進させる原動力でもあります。プレイステーションのチームには、ゲームというメディアへの深い愛情と敬意があり、大きな野望を実現するための世界最高の知見と能力を備えています。

私たちはすでに新作の制作に取り組んでおり、チームでのプレイテストをとても楽しんでいます。昨年の困難な時期にチームを拡大し続けましたが、日々のオンラインプレイテストがチームメンバーに喜びと一体感をもたらしてくれました。物理的な距離があっても、一緒にプレイし、共に楽しみ笑いあうことで、私たちの距離は縮まったのです。プレイヤーの皆さんに同じような喜びをお届けするのが私たちの目標であり、そのために取り組んできたことについては、また改めてお伝えしたいと思います。

自分たちが取り組んでいること、つまりゲーム制作という仕事が好きでいられるということは、とても幸運なことです。ゲーム制作は今後も続きますが、その間、この業界が生み出す素晴らしいゲームをプレイし続け、自分たちも少しずつマルチプレイヤーの素晴らしい瞬間を創りだしていきたいと思います。

それでは、またお会いしましょう。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ