「ピピンアットマーク」を特集したNHKの番組が5月4日(火)に地上波で再放送。バンダイとAppleが共同開発し270億円の損失を出したゲーム機の黒歴史を語る

 NHKは家庭用ゲーム機「ピピンアットマーク」を特集した番組『神田伯山のこれがわが社の黒歴史』の第1回を、5月4日(火・祝)の午後6時5分からNHK総合チャンネルで再放送すると発表した。

 1996年に発売した「ピピンアットマーク」はバンダイとAppleが共同開発し、家庭のテレビでインターネットに繋げることができる「夢の次世代マルチメディア機」として日本とアメリカで売り出された。ゲームが遊べるだけでなく、ワードプロセッサソフトにも対応していたり、インターネットから取得した画像を保存することもできた。しかし売上は一向に伸びず、270億円の損失を招く。

 なお、ゲームソフトとしては将棋ゲームや幼児向けゲームのほか、実写版のシャア・アズナブルが登場することで知られるシミュレーションゲーム『GUNDAM 0079 THE WAR FOR EARTH』など、ガンダムのゲームがいくつか発売されている。

(画像は「世界中にエンターテインメントを届けている会社に、こんな大失敗があったなんて…」 神田伯山のこれがわが社の黒歴史 |NHK_PR|NHKオンラインより)
(画像は「世界中にエンターテインメントを届けている会社に、こんな大失敗があったなんて…」 神田伯山のこれがわが社の黒歴史 |NHK_PR|NHKオンラインより)
(画像は「世界中にエンターテインメントを届けている会社に、こんな大失敗があったなんて…」 神田伯山のこれがわが社の黒歴史 |NHK_PR|NHKオンラインより)

 本番組『神田伯山のこれがわが社の黒歴史』では、人気講談師・神田伯山さんが黒歴史を笑いに昇華しつつ、手痛い失敗から得られた教訓をあぶり出し、挑戦者たちにエールを送る構成となっている。
 「ピピンアットマーク」の当事者であるクリエーターの宮河恭夫氏、営業マンの川口勝氏が登場し、歴史的に貴重な裏話を披露。黒歴史をひもとく再現VTRは、すべてガンプラのコマ撮り映像で演出されており、「動くガンプラ」がストーリーを盛り上げる。

 今回の放送は今年3月19日にBSプレミアムで放送されたものの再放送で、今回は地上波での放送となる。前回は本放送の前後から「ピピンアットマーク」の関係者や当時を知るユーザーが反応を示し、漫画家の岡本倫氏ハードオフの長岡川崎店が触れるなどSNSでは大きな反響があった。前回の放送を見逃した人はNHK総合、5月4日(火)午後6:05の放送を視聴してみてはいかがだろうか。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ