ノスタルジック・サバイバルホラー『夕鬼』が8月19日に発売決定。90年代日本の懐かしい光景を背後に幽霊相手に「かくれんぼ」と「鬼ごっこ」、この奇怪な夕焼け世界から脱出せよ

 コーラスは日本を舞台にしたサバイバルホラー『夕鬼』を8月19日(木)に発売すると発表した。プラットフォームはPlayStation 4、PlayStation 5、Xbox One、Xbox Series S|X、PC(Steam)。価格はパッケージ版が税別2980円、ダウンロード版は税込2480円。

※昨年11月に公開された『夕鬼』のアナウンストレイラー。

 『夕鬼』は1990年代の日本を舞台にした一人称視点のホラーゲーム。舞台は病院の扉を開けたはずが日本家屋につながり、ふすまを開けたのに学校へとつながる奇怪な夕焼けの世界だ。3つの空間は法則性もなく接続している。

 ゲーム本編では、自分で気づかないうちに心に殻を作ってしまった小学5年生の少女が、無理やり誘われた肝試しに参加する場面から物語がはじまる。少女はツンと呼ばれる幽霊に取りつかれ、夕焼けの世界へと連れ去られ遊ぶよう強要されてしまう。プレイヤーはこの少女となって、この夕焼けの世界から脱出しなければならない。

(画像はSteam 『夕鬼』より)
(画像はSteam 『夕鬼』より)
(画像はSteam 『夕鬼』より)
(画像はSteam 『夕鬼』より)

 このゲームは肝試しをベースに、脱出に必要なアイテムを探す「かくれんぼ」のような前半パートから、手に入れたアイテムを持って逃げる後半パート「鬼ごっこ」へと変化する。

 主人公は敵を倒す手段を持っていないので、目の見えない敵は息を止めてやり過ごし、耳の聞こえない敵からは身を隠しながら歩かなくてはならない。ときには、走りぬけることも必要となるが、大人ほど速く走れないのでどこかに隠れないと、すぐに追いつかれてしまう。

 赤い夕焼けに染まる学校廊下、障子から差し込む斜陽、電気の切れた病室の赤と黒のコントラスト、ノスタルジーと美しさのビジュアルが特徴だ。PS5、Xbox Series S|X、Steam版は4K、60FPSの動作に対応しており、またSteamでは体験版が近日配信予定だという。

 本作の前日譚となるノベルゲーム『夕鬼 零』がNintendo SwitchSteamVRで発売中。本作前にプレイしていると、『夕鬼』のストーリーがより一層楽しめるかもしれない。サバイバルホラー『夕鬼』は8月19日(木)に発売予定だ。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ