『東方虹龍洞 ~ Unconnected Marketeers.』がSteamで発売開始。霊夢や魔理沙がちまたで売買される正体不明のアビリティカードを調査する『東方Project』第18弾

 上海アリス幻樂団は、シリーズ第18弾となる『東方虹龍洞 ~ Unconnected Marketeers.』(以下、東方虹龍洞)をSteamにてリリースした。価格は1540円。無料の体験版も配布中となっている。

 『東方虹龍洞』は、ZUN氏が開発する弾幕シューティングゲームシリーズ『東方Project』の第18弾。今回の主人公(自機)は霊夢、魔理沙、咲夜、早苗の4人。彼女らにさまざまな能力を持つアビリティカードを装備し、画面を埋め尽くすような弾幕に挑む。

 アビリティカードはサブウエポンとして使うことが可能であり、残機アップや自機のパワーアップなど、ゲーム中に稼いだお金で買うことができる。今回のアビリティカードシステムは、「好きな能力を装備したり、途中で購入して増やしたりとSTG的には割と挑戦的なシステムですが、違和感なく遊べるような内容になっています」とZUN氏は語っている

 また本作のストーリーは、システムにも組み込まれている「アビリティカード」の調査をするのが目的だ。ちまたで売買されているアビリティカードを作り、流通しているのは一体誰なのか。4人はそれぞれの方法でこの事件に関わることになる。

(画像は『東方虹龍洞 ~ Unconnected Marketeers.』体験版より)
(画像は『東方虹龍洞 ~ Unconnected Marketeers.』体験版より)

 ついにSteamでもリリースとなった『東方虹龍洞』は、1540円で販売中。ゴールデンウィーク中、じっくり楽しむのはいかがだろうか。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ