ディズニーが本物そっくりにブレードが伸びる「ライトセーバー」を開発。体験型宿泊イベント「スターウォーズ:ギャラクティックスタークルーザー」の目玉のひとつ

 アメリカ合衆国フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートは、「スターウォーズの日」である5月4日に新たな体験型宿泊イベント「スターウォーズ:ギャラクティックスタークルーザー」発表した

 宿泊イベントは2022年から実施される予定だが、発表の目玉として用意されそのイベント以上に注目を集めているのが、本物と見まごうような「ライトセーバー」のレプリカだ

 スターウォーズ:ギャラクティックスタークルーザーは2日間に及ぶ体験型宿泊イベント。参加者はポッドに乗り込み、『スターウォーズ』の世界にある「ハルシオンスタークルーザー」(ホテル)へと旅立つ。

 ハルシオンでは宇宙中から集まったキャラクターとともにダイニングで食事をとったり、ハルシオンのブリッジで船の航行システムや防衛システムを操作し、古代の方法でライトセーバーの使い方も学べる。惑星バトゥーをテーマにしたアトラクション「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」とも接続されており、ハルシオンから飛び出し、惑星バトゥーに赴く機会もあるという。

 ディズニーはこれをストーリーテリングではなく「ストーリーリビング」であると表現している。参加者はルートに沿ってアトラクションを体験するのではなく、自分の意思で何をするかを選び取るのだ。

(画像はディズニーパークブログより)

 そして本物にしか見えないこのライトセーバーレプリカは、ディズニーテーマパークのアトラクションの設計や開発を行うウォルトディズニーイマジニアリングリサーチアンドデベロップメントにて開発された。

 2017年にブレードを本当に伸ばせるライトセーバーの特許がディズニーによって提出されており、この技術を使っているのではないかと見られている。気になるブレード部分だが、巻き尺のように薄いプラスチックを引き延ばすことで表現しているようだ。

 残念ながらこのライトセーバーは一般販売される品ではないようだが、ギャラクティックスタークルーザーに参加すると実際に扱えるのかもしれない。

(画像はディズニーパークブログより)
(画像はディズニーパークブログより)

 よりディープに『スターウォーズ』の世界に入り込むことができる「スターウォーズ:ギャラクティックスタークルーザー」は、2022年オープン予定。ディズニーは本物そっくりのライトセーバーを、「『スターウォーズ』の物語に飛び込む方法のひとつにすぎない」と自信を見せている。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ