2021年3月期のNintendo Switchファミリーは2883万台の販売を記録。ソフト販売の好調や携帯機の新色発表が要因のひとつ

 任天堂は5月6日(木)に実施した2021年3月期(2020年4月から2021年3月まで)の決算発表にて、同期における家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」「Nintendo Switch Lite」(以下、Nintendo Switchファミリー)の合計販売台数が前期比37.1%増の2883万台となったことを伝えた。

 同日に更新された任天堂公式サイト内の「ゲーム専用機販売実績」ページによると、2021年3月末時点におけるNintendo Switchファミリーの累計販売台数は8459万台となっている。


(画像は株主・投資家向け情報:業績・財務情報 – ゲーム専用機販売実績より。Euroland.comの提供)

 合計販売台数の内訳はNintendo Switchが2032万台を記録。昨年5月に新色「ブルー」を発表したNintendo Switch Liteは851万台となっている。販売が好調に推移したことに関して、任天堂の決算短信資料では、昨年までに発売された『あつまれ どうぶつの森』『マリオカート8 デラックス』『リングフィット アドベンチャー』が引き続き販売数を伸ばした点が要因のひとつとして挙げられている。

 また、資料には同社が企画した「スーパーマリオブラザーズ35周年」のキャンペーンタイトルである『スーパーマリオ 3Dコレクション』『スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド』に加えて、他社から発売されたソフトメーカータイトルも同様に販売数を伸ばしたことも記されている。

(画像は本体ラインナップ|Nintendo Switch|任天堂より)

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ