人狼ゲームをテーマにした傑作『グノーシア』のPC版がSteamで配信決定。2021年内にリリースへ

 PLAYISMは、プチデポッドが開発した人狼ゲーム『グノーシア』のPC版をSteamにて配信すると発表した。価格は2750円(税込)。リリース時期は2021年内が予定されている。

 『グノーシア』は2019年にPS Vita、2020年にNintendo Switchでリリースされた、「人狼」をテーマとしたアドベンチャーゲーム。宇宙船の中に紛れ込んだ人類を消去する「グノーシア」を探し出し、議論で排除していくのが目的の作品となっている。周回プレイを繰り返していくことで強調されていく物語性が特徴の作品で、そのゲームデザインで日本国内では非常に高い評価を得ている。

『グノーシア』はなぜ「革新的なアドベンチャーゲーム」と呼ぶにふさわしいのか。100回以上のループをプレイヤーに体験させ、AIに人間味を感じさせる野心作

紛れもない傑作『グノーシア』を、今こそ再びオススメしたい。これ以上ないほどスッキリと、見事に「終わって」くれる作品だ

 リリース全文は以下のとおり。

良質なインディーゲームを世界に届ける PLAYISM(プレーイズム)
Steam 版『グノーシア』、2021 年内配信決定

ゲームパブリッシングブランドの“PLAYISM”(https://playism.com/ja/)(運営:株式会社アクティブゲーミングメディア)は、2021 年 3 月に英語ローカライズし、欧米圏に向けて Nintendo Switch 版を配信した『グノーシア』を Steam にて 2021 年内に配信することをお知らせいたします。

歩きながら話そう。起きられる?

グノーシアは嘘をつく。人間のふりをして近づき、だまし、そして身近な人間を一人ずつ、この宇宙から葬り去る――。
漂流する宇宙船内にて、人間を襲う未知の敵「グノーシア」に直面した乗員達は、誰が敵なのか分からない状況でこの危機を収束させるために、一つの解決策を試みる。 最も疑わしい人物から一人ずつコールドスリープさせ、船内に紛れ込んだ全てのグノーシアを活動停止させるのだ。
しかし、その人物が本当にグノーシアだったのか、あるいはスケープゴートにされた哀れな人間だったのか、知ることは難しい。
最後に笑うのは人間なのか、それとも――?

数々の輝かしい受賞歴とレビュースコアを誇る世界的評価作が Steam に登場。

2019 年に PS Vita 版が、そして 2020 年に Nintendo Switch 版、さらに 2021 年 3 月に欧米圏に向けた英語ローカライズ版が発売され、国内外で絶賛されてきた一人用人狼ゲームが PC でも遊べるようになります。

受賞歴・レビュースコア

<A 5th Of BitSummit>
メディアハイライトアワード 電撃 PlayStation
<BitSummit Volume 6>
エクセレンスインゲームデザイン賞 ノミネート
<東京ゲームショウ 2018>
ファミ通 インディーゲーム部門 ノミネート
電撃 PlayStaion インディゲームアワード ノミネート
<IGN JAPAN GAME OF THE YEAR 2019>
ベストインディーノミネート
<IGN JAPAN USER’S CHOICE 2019>
3 位
<ファミ通・電撃ゲームアワード 2019>
ベストインディー受賞
<CEDEC2020>
CEDEC AWARDS ゲームデザイン部門 優秀賞
<2020 年 日本ゲーム大賞>
ゲームデザイナーズ大賞 グノーシア最終選考
<2021 Independent Games Festival>
Nuovo Award Honorable Mentions
<IGN JAPAN>
レビュー 10/10
<ファミ通>
プラチナ殿堂入り 7/10/9/10
<Metacritic>
82(2021 年 5 月現在。Nintendo Switch 版)
<OpenCritic>
84(2021 年 5 月現在。Nintendo Switch 版)

ゲームシステム

舞台は一隻の宇宙船。
乗組員たちの中に数人、異星体「グノーシア」が紛れ込んでいます。グノーシアは毎晩一人ずつ乗組員たちを襲い、人類に敵対するよう洗脳していきます。
プレイヤーは、人類側、あるいはグノーシア側としてゲームをプレイすることになります。人類側の場合には、全てのグノーシアを発見し、冷凍睡眠させることが勝利条件となります。グノーシア側の場合には、乗組員を襲っていき、最終的にグノーシアの数が人間の数を上回ることが勝利条件となります。
1 プレイ 15 分ほどの、いわゆる「人狼ゲーム」を繰り返し行いながら物語を進めていきます。

『グノーシア』では、ゲーム開始時にプレイヤーおよび他の登場人物に【乗組員】【グノーシア】などの役割がランダムに割り当てられます。登場人物は割り当てられた役割に沿って、自動的に発言、行動します。登場人物は、性格や能力、好感度、役割、他者への信頼度などの内部パラメータを持っています。そして、他の登場人物から参照可能なパラメータとして、表面上の他者への信頼度、表向きの役割などを持ちます。これらの組み合わせによって、登場人物たちは個性豊かな発言、行動をとります。

特徴

『グノーシア』は、単なるシングルプレイの『人狼ゲーム』ではありません。
短時間のプレイを繰り返すことを前提として、以下の要素が展開されます。

●繰り返しプレイしイベントを発生させることで謎が解けていく、独創的なナラティブ性
このゲームは、宇宙船が発進後、グノーシアが潜伏していることが発覚したところから始まります。そして勝利または敗北条件を満たす所で終わります。プレイヤーがゲームを繰り返しプレイすることで、登場人物たちはこの数日間を何度となく繰り返し体験しています。この繰り返しのうちに、敵であるグノーシアとは何なのか、またどうしてこの船が繰り返しに陥っているのかといった謎が、徐々に明らかになっていくという、新たなスタイルのテキストアドベンチャーとして完成した作品です。

●様々な役割をロールプレイすることで成長するキャラクターステータス
初期状態では、プレイヤーは能力が低いため、会話などの主導権を握って活躍することはできません。ですが、プレイを繰り返してレベルアップしていくことで、カリスマ性や魅力、直感などのパラメータを選択的に向上させられます。やがては、議論の流れを大きく変えるような活躍ができるようになります。

●魅力的な多様なキャラクターたちと、ランダムに発生する個別イベント
登場人物はそれぞれ、主人公への好感度を持っています。プレイを繰り返しても好感度は保持されます。好感度の高低によって、ゲーム中に様々なイベントが発生します。『人狼ゲーム』を繰り返す中で登場人物に「人間らしさ」を感じさせ、さらにその中で発生する個別イベントがさらにキャラクターたちに強い魅力を抱かせます。

魅力的な登場キャラクター

セツ
汎宇宙軍所属の軍人として、船内に侵入したグノーシアの排除を先頭に立って指揮する。状況が分からずとまどう主
人公を優しく導いてくれる。

SQ
おどけた態度で場をにぎわそうとする、どこかつかめない性格の持ち主。彼女の言動の何が嘘で何が本当なのか、判別するのは極めて困難だろう。

ラキオ
多少険のある物言いと華美な装束が特徴的な汎性。論理的思考力が極めて高く、情報がそろった瞬間にグノーシアを摘発する。

ジナ
愛想のない言動で冷たく受け取られがちだが、心根は優しい女性。自分は何をすべきなのか、何のために存在しているのかを、常に自分に問いかけている。

ステラ
やわらかで丁寧な態度でみなと接する優しいお姉さん。宇宙船内の管理を任されているらしく、皆が快適に過ごせるよう気を配っている。

ジョナス
旧時代の服を好んで着る、正体不明の中年男性。格言じみた言い回しを良く使い、意味不明の言動で皆に一目置かれている。

コメット
自然回帰を提唱する惑星出身のため少々ワイルドな感覚を持つ女の子。まっすぐ元気な性格で、野生の勘により相手の発言の中からウソを見抜くのが得意。

シピ
ネコを愛し、とにかくネコのことを考えている青年。ネコのことを除けば、誰よりもまともで公正な判断力を持っている好青年である。

レムナン
内気で物静かな青年。相手の目を見て話すのが苦手なようだ。彼がそんな性格になったことには、過去の出来事が関係しているようだが……?

ククルシカ
金髪の美しい少女。一切喋らないが、多彩な身体言語で不便なく港コミュニケーションが取れている。出自など、一切が謎の存在である。

夕里子
有無を言わせぬ迫力を持つ謎の多い女性。非常に高い能力を持っており、敵に回すことはお勧めできない。

オトメ
知性を持ち、人語をしゃべるシロイルカ。水を満たしたボディスーツを着込み、一人乗りカートで移動する。性格は優しくて、人間が大好きな少女である。

沙明
とにかく自分が生き残ることを優先する青年。目立つことを嫌う。欲望に忠実で、その積極的な言動に女性陣は多少
引き気味である。

しげみち
銀色に輝くボディがまぶしい人物。気さくで誠実な性格のため、皆何となくいうことを聞いてしまう。宇宙船内ではじめての恋に目覚めたらしい。

グノーシア

Steam ストアページ: https://store.steampowered.com/app/1608290/
Steam 版トレーラー:https://youtu.be/V3rcOKGkWNw
■開発元: プチデポット
■販売元: PLAYISM
■リリース予定:2021 年内
■ジャンル:SF 人狼シミュレーション
■対応言語:日本語・英語・中国語(簡体字)
■プラットフォーム:Steam
■販売予定価格: 2,750 円(税込)
c 2021 Petit Depotto. Licensed to and published by Active Gaming Media, Inc.

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ