PSストアでレトロ&リマスター作品対象の大型セール開催、『シェンムーIII』が80%オフの1535円で大幅値引き。『ヘビーレイン』が75%オフ、『ラスアス』や『ワンダと巨像』が60%オフ以上オフで購入可

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PlayStation Storeにて、「リマスター&レトロセール」が開催すると発表した。セール期間は2021年6月2日(水)まで。

 本セールは「リマスター&レトロセール」と銘打たれているとおり、名作ゲームのリマスターや古典的ゲームの移植作、一風変わったインディーゲームなどがセール対象となっている。

(画像はPS Storeより)

 まず大作ゲームのリマスター作品では『The Last of Us Remastered』が60%オフの875円、『ワンダと巨像』の65%オフの1116円、『アンチャーテッド コレクション』が60%オフの875円など定番のタイトルが並んでいる。

 また『HEAVY RAIN -心の軋むとき- & BEYOND: Two Souls Collection』が75%オフの1120円、『アサシン クリード エツィオコレクション』が75%オフの1402円、また最新作『ヒットマン3』が海外でヒット中の同シリーズから『ヒットマン:アブソリューションHD』が76%オフの976円で購入可能だ。

 さらに『シェンムー I&II』が60%オフの1755円、『シェンムーIII』が80%オフの1535円、DLCパスが付属した『シェンムーIII デジタルデラックスエディション』が80%オフの1931円の大幅値引きとなっている。未プレイの人はこの機会に『シェンムー』シリーズを遊んでみるのもいいかもしれない。

(画像はゲームソフト | シェンムーIII | プレイステーションより)
(画像はPS Store『ヒットマン:アブソリューション』より)

 一風変わったインディーゲームならば、『バイオハザード2』に影響を受けた『デイメア:1998』が70%オフの1151円がある。もともとは『バイオハザード RE2』が発表される前に、ファンが『バイオハザード2』を独自にリメイクした作品だったが、カプコンとの協議を経て、オリジナルゲームへと変更。『バイオハザード』シリーズを意識しつつも、個々のマガジンごとに銃弾が込められている現実的なリロードシステムを導入した。

 また極端にミニマルさを追求した異色のアドベンチャーゲーム『オード』が35%オフの326円。画面に現れるのは3つの単語と、2つほどの選択肢だけ。だがこれが予想もしないストーリーへと発展する。

 単語と単語の間の展開をプレイヤーが脳内で補完し、何度も死を繰り返しながら、その世界の規則性を発見していくことが、これまでにないストーリー体験をもたらす。本作は「TIGA Games Industry Awards」で最終候補となったり、2019年の「FutureZone Award」では受賞を果たすなど、高い評価を受けている。

(画像はPS Store『デイメア:1998』より)
(画像はPS Store『オード』より)

 クラシックゲームの名作では、『くにおくん ザ・ワールド クラシックスコレクション』に収録された単品作品が80%オフの各100円となっている。これを機会に『ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会』などの傑作をプレイしてみてはいかがだろうか。またリズムゲームの名作『パラッパラッパー』が50%オフの990円、2004年の『塊魂』をフルHDにリメイクした『塊魂アンコール』が25%オフの2640円。

 また「ARCADE GAME SERIES」シリーズとして、ナムコの名作『パックマン』『ミズ・パックマン』『ギャラガ』『ディグダグ』が35%オフの各357円。このうち『パックマン』、『ギャラガ』、『ディグダグ』が3本セットになった『ARCADE GAME SERIES:3-in-1 Pack』が35%オフの715円となっているので、ゲーム史に残る名作に触れてみてはいかがだろうか。

(画像はPS Store『くにおくん ザ・ワールド ~ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会~』より)
(画像はPS Store『ARCADE GAME SERIES: 3-in-1 Pack』より)

 このほか、さまざまなタイトルがセール対象となっているので、詳しくはPS Storeを確認して欲しい。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ