不毛の惑星を開拓する農業シミュレーションゲーム『One Lonely Outpost』が日本語対応へ。昔ながらの農業とハイテク農業を駆使して入植者でいっぱいの都市を育てよう

 カリフォルニア州ローズビルに拠点を置くゲーム開発会社Aurorian Studiosが、開発中の農業シミュレーション『One Lonely Outpost』Steamページを更新し、新たに日本語に対応する旨を記載した。

 『One Lonely Outpost』は、とある惑星に入植する農業シミュレーションゲームだ。プレイヤーはハイテクキャンピングカーとハイテクガントレット、そしてひとにぎりのジャガイモの種を持って惑星へと降り立つ。まるで古代のような原始的な農業から始め、少しずつ農地や持ち物をアップグレードしていこう。

 プレイヤーは大きく分けてふたつの農法を選ぶことになる。牛を使って畑を耕し、手作業で作る高付加価値な野菜を作る方法と、ロボット牛で遺伝子操作作物を使う未来的な方法。どちらの道を選ぶのでも、目指すのはよい作物をより多く作ることだ。
 星が豊かになれば、新たな入植者がやってきて村を作るようになる。彼らはさまざまな目的を持って訪れている。彼らと良い関係を結べば、結婚して子供を作ることもできる。

 不毛な惑星であるはずのこの星になぜ水や空気があるのか、答えはかつてここにいた異星人がにぎっている。彼らの残した遺跡やテクノロジーを調査し、この星の秘密に迫るのも目標のひとつだ。

 本作はマルチプレイにも対応している。最大3人の友達と協力して、ゼロから惑星を開拓したり、ほかのプレイヤーの惑星を訪れたり、さまざまな遊び方が用意されている。

(画像はSteam『One Lonely Outpost』より)
(画像はSteam『One Lonely Outpost』より)

(画像はSteam『One Lonely Outpost』より)
(画像はSteam『One Lonely Outpost』より)

 『One Lonely Outpost』は2022年にPC(Steam)での発売に向けて開発中。興味がある方はSteamのウィッシュリストに登録して続報を待ってほしい。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ