PC向け『メトロ エクソダス』グラフィックス強化版がPS5のDualSenseに対応。状況に応じてトリガーの重さが変わる「アダプティブトリガー」にも完全対応する

 4A GamesはPC版『Metro Exodus Enhanced Edition』のアップデートにて、PlayStation 5のコントローラー「DualSense ワイヤレスコントローラー」(以下、DualSense)に対応したことを伝えた

 DualSenseの特徴であるアダプティブトリガーにも完全対応していることを、海外メディアVideo Games Chronicleのアンディ・ロビンソン氏が伝えている。VGCによると、現在この機能は有線接続のみ対応しているようだ。

 『Metro Exodus』は核戦争で地上に住めなくなった世界で、モスクワの地下鉄駅に移り住んだ人類の姿を描くFPSだ。これまでのシリーズは一本道スタイルだったが、本作は地上が舞台となり、広大なロシアの地を仲間と一緒に汽車で旅するオープンワールドゲームとなった。

 DualSenseのアダプティブトリガーとは、LRトリガーの重さが状況によって変化する、DualSenseの目玉機能のひとつだ。PCゲームがDualSenseの機能に完全に対応したのは本作が初めてだと思われる。

 実際にPCにDualSenseをつないで少し試してみたが、しっかりとアダプティブトリガーに対応していた。銃のトリガーの遊びが再現されており、トリガーを軽く引くと、ある時点で一度重くなり、さらに強く押し込むことで射撃できる。(これをトリガーの「Wall」と呼ぶそうだ)また、連射する武器は弾が1発発射されるごとにトリガーが軽く押し戻されるギミックも搭載。振動以外でも射撃の反動を表現している。

 一方、ゲームは振動にも対応しているが、ゲーム内の状況を触感として伝えるハプティックフィードバックの効果はあまり感じられなかった。

 『Metro Exodus Enhanced Edition』が対応したことで、今後もDualSense対応のPCゲームが出てくるかもしれない。

(画像はSteam『Metro Exodus』より)
(画像はSteam『Metro Exodus』より)
(画像はSteam『Metro Exodus』より)
(画像はSteam『Metro Exodus』より)

 レイトレーシングなど次世代機向けの機能に対応した「Enhanced Edition」は、6月18日(金)にPlayStation 5、Xbox Series X|Sで無料アップグレードが配信予定。

 スパイク・チュンソフトから日本語版『メトロ エクソダス』がPS5、Xbox Series X|Sで7月15日(木)発売予定。PlayStation 4、Xbox One版をすでに持っている方は、PlayStation 4版100円、Xbox One版無料で次世代機へのアップグレードが可能となる。具体的なアナウンスはないが、日本語版もEnhanced Edition相当となるはずだ。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ