Nintendo Switch用アプリ『Spy Alarm』が海外で5月27日発売。赤外線で誰かが来たことを感知可能ないわゆる「ママが来たセンサー」

 Nintendo Switchで「電卓」アプリを販売したことで話題となったパブリッシャーのSabecが、今度はジョイコンを使った人感センサー、『Spy Alarm』を5月27日(木)に北米へ向けて発売する。価格は9.99ドル。日本での発売は未定だが、本製品をいち早く報じたAutomatonによると、Sabecは日本で「電卓」アプリのリリース手続きを進めているという。うまくいけば本作も含めて日本でのリリースがあるかもしれない。

 『Spy Alarm』は、ジョイコンのモーションIRカメラを使い、誰かが通過したらアラームを鳴らしたり、あるいは何度その場所を通ったかを記録することができる。いわゆる「ママが来たセンサー」だ。

(画像はNintendo eShop『Spy Alarm』より)
(画像はNintendo eShop『Spy Alarm』より)

 『Spy Alarm』の使い方は簡単。IRカメラのついたジョイコンの取り外し、カメラを探知したい方向に向けるだけ。誰かがカメラの前を通ったらアラームが鳴る。Nintendo Switchとジョイコンをあまり離して配置することはできないが、ある程度の距離であれば壁越しでも通信できるはずだ。

 アラームは4種類用意されており、前述の通りログだけ取ることも可能。UIを見る限り、検知感度も調整できる。平らな面に置くことが推奨されており、有効範囲は1メートルほどだという。

 Sabecは北米Nintendo Switch向けにさまざまなツールを販売している。電卓や『Spy Alarm』のほかにも、木琴ギターといった楽器を再現するアプリ、ジョイコンのモーションIRカメラを使った赤外線暗視装置など、一風変わったアプリばかり。

(画像はNintendo eShop『Spy Alarm』より)
(画像はNintendo eShop『Spy Alarm』より)

 スパイ活動にも使えそう?なNintendo Switch用ツール『Spy Alarm』は、海外eショップにて5月27日(木)発売。日本での発売は未発表だ。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ