カニゲー『Crab Champions』の作者がUnreal Engine 5で300万匹のカニを描画。増やしてもパフォーマンスほぼ変わらず、何匹でも表示できるのでカニ描画上限計測を諦める

 5月27日に無料の早期アクセスが始まった「Unreal Engine 5」(UE5)。UE4との互換性があり、すでに多くのゲーム開発者が新エンジンの実力を確かめようとしている。その中に、アイルランドに住むDJで音楽プロデューサーNoisestorm氏もいた。

 氏はカニTPS『Crab Champions』を製作中だが、氏が着目したのは「一体どれだけのカニを表示できるか」という点だ。その実験結果として、およそ300万匹というカニが島を埋め尽くす動画を公開した。もはや赤いじゅうたんにしか見えない。

 Noisestorm氏はカニを描画する能力についてUE5を絶賛。「カニを10万匹から200万匹に増やした場合でもパフォーマンスの違いはほとんどありません。魔法みたいです」と、エンジンのカニ描画性能に驚きを隠せていない

 300万匹のカニを表示したのも、そこまでやってもパフォーマンスが変わらなかったからそれ以上の追加を諦めただけだという。やろうと思えば、さらに多くのカニが描画できるだろう。

 『Crab Champions』は、マルチプレイモードを軸とするカニが主役のTPS。音楽プロデューサーが作るだけあって、本作のためにオリジナル楽曲が書き下ろされる。対戦や協力、レースなどのゲームモードを搭載し、参加可能人数は最大で6人。実験の結果は好調だったが、300万匹のカニが戦うバトルロイヤルが搭載されることはないだろう。

(画像はSteam『Crab Champions』より)
(画像はSteam『Crab Champions』より)
(画像はSteam『Crab Champions』より)
(画像はSteam『Crab Champions』より)

 『Crab Champions』はSteamにて現在ベータテスターを募集中。テストに参加したい方は、Steamのページから「Crab Champions Betaに参加」をクリックして続報を待ってほしい。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ