「PlayStationの開発は欧米にシフトしているか?」という質問に対し統括責任者がコメント。日本のゲームと人材はSIEにとって引き続き非常に重要と伝える

 SIE PlayStation Studios 統括責任者 ハーマン・ハルスト氏へのインタビューがPlayStation Blogに掲載された。氏はそのなかで、「PlayStationの開発は欧米にシフトしているか?」という質問へ答えている。

PS Blog:最近日本で話題になっていることをお聞きしたいと思います。PlayStation Studiosの立場から見て、日本は今でも開発の大きな焦点になっていると感じますか? それとも欧米を中心としたゲーム開発へのシフトを考えていますか?

ハーマン:日本のゲームと人材は、ソニー・インタラクティブエンタテインメントとPlayStation Studiosにとって引き続き非常に重要であることを明確にしておきたいと思います。日本とアジアは私たちのレガシーと強く結びついています。ソニーグループの成功、PlayStationというブランド、そしてPlayStationを象徴する多くのフランチャイズは、日本とアジアで生まれたものです。

(画像はPlayStation Blogより)

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント 社長 兼 CEOを務めるジム・ライアン氏も、2020年12月に海外誌EDGEで同様に日本市場を重視している発言をしている。日本市場の大きさについても答えており、世界で2番目に大きいのだという。

 しかし日本国内におけるPS5の抽選販売の状況や、PS5の決定ボタンが日本基準の「○」から北米基準の「×」へと統一されたことなどから、国内外では「SIEの日本離れ」が進んでいるとの見方も一部で広まりつつある。最近では、「JAPANスタジオ」がTeam ASOBI!に再編され、事実上解散になったことも象徴的だった。複数のメンバーがJAPANスタジオを離れ、新たなチャレンジに飛び込んでいる。

 Team ASOBI!は東京に拠点を置くSIEのファーストパーティスタジオ。PlayStation VRの『ASTRO BOT: Rescue mission』やPlayStation 5の『ASTRO’s PLAYROOM』を開発した。インタビューでは「世界のあらゆる年齢層に向けたフランチャイズを開発しているグローバルなスタジオ」と説明されている。

 このインタビューが公開されたのと時を同じくして、同スタジオの新しいロゴが発表された。

(画像はPlayStation Blogより)
ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ