エースコンバットで一番有名なセリフは?『エースコンバット』シリーズのブランドディレクターの河野一聡氏がTwitterで問いかけ

 『エースコンバット』シリーズのブランドディレクターの河野一聡氏が、自身のTwitterで「エースコンバットで一番有名なセリフってなんですか?」とユーザーに問いかけて話題になっている。

 『エースコンバット』シリーズは傭兵や空軍のパイロットとして戦闘機に乗り、戦いに身を投じるフライトシューティングアクション。鮮烈なドッグファイトが楽しめるだけでなく、ドラマティックなシナリオを特徴としており、国家間の狭間で揺れる登場人物たちの生き様を描くストーリーはユーザーから高い評価を受けている。

 前身となるアーケード向け稼動した『AIR COMBAT』シリーズがまずあり、その後、第1作『エースコンバット』が1995年にプレイステーション向けに発売。このときからセリフを重視をしており、シナリオを重視する志向を伺わせた。

 シリーズに転機があったのが1999年の『エースコンバット3 エレクトロスフィア』。アニメパートをProduction I.Gが制作し、脚本家の佐藤大氏を設定、脚本を担当。佐藤大氏は、ゲームクリエイターの遠藤雅伸氏が執筆した小説版『ゼビウス』を参考に、シナリオを執筆(ナムコ公式ガイドブック「エースコンバット3 エレクトロスフィア」参照)。未来で起こる重厚な企業間戦争の世界観を練り上げ、ストーリーを重視する方向性を決定づけた。

(画像はエースコンバット04 シャッタードスカイ PlayStation 2 the Best | ソフトウェアカタログ | プレイステーション® オフィシャルサイトより)
(画像はエースコンバット04 シャッタードスカイ PlayStation 2 the Best | ソフトウェアカタログ | プレイステーション® オフィシャルサイトより)
(画像はSteam『ACE COMBAT 7: SKIES UNKNOWN』より)
(画像はSteam『ACE COMBAT 7: SKIES UNKNOWN』より)

 そして、さらにシリーズを現在の方向性へと形作ったのが『エースコンバット04 シャッタードスカイ』。本作はアニメ監督で知られる片渕須直氏が演出・脚本を担当。小惑星ユリシーズによって壊滅的な打撃を受けた世界を背景に、空軍に所属する「メビウス1」を操作し戦いに身を投じる。また同時進行して戦火の街を舞台に「少年」と伝説的なパイロット「黄色の13」のシナリオが描かれる。

 『エースコンバット04 シャッタードスカイ』で提示された、実際にその惑星が歴史を歩んでいるような緻密な設定を背景とした世界観「ストレンジリアル」と呼ばれ、以後、シリーズの基本的なフォーマットとなった。同世界観を引き続き採用したシリーズ最新作『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』は全世界で250万本を突破するなど、大ヒットを記録している。

 『エースコンバット』シリーズはこうした緻密で説得力のある世界観を背景に、国家や使命を背負い、命がけで戦いに身を投じるキャラクターたちが登場するので、心を揺さぶる名セリフが多いことで知られる。そうした名セリフをピックアップしたファンサイトが存在するほどだ。

 河野一聡氏のTwitter欄には『エースコンバット』シリーズの名セリフを引用するユーザーが多く現れている。「よう相棒、まだ生きてるか」、「天使とダンスだ」などの名セリフに思いを馳せながら、本シリーズをもう1度プレイしてみるのもいいのかもしれない。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ