ディストピア世界でAIを弁護する弁護士シミュレーション『Justice.exe』発表。AIの進歩により人間と同じように法律が必要になった彼らのために法廷に立とう

 インディーゲーム情報番組「INDIE Live Expo 2021」にて、ディストピア弁護士シミュレーション『Justice.exe』が発表された。日本語には未対応で、発売日や価格は未発表だ。

 『Justice.exe』の舞台となる時代は2279年のディストピア世界。ロボット工学と人工知能は飛躍的に進歩し、AIは人間と同じ法律が必要となっていた。プレイヤーはAIのための弁護士として、彼らの弁護のために法廷に立つ。

 弁護のためには情報を集め、目撃者に話を聞き、法廷に備える。それらの証拠を使って依頼人を弁護しよう。プレイヤーがすべてをこなす必要は無い。弁護人向けのOS「AttorneyOS」(弁護士OS)が面倒な作業を肩代わりしてくれる。OSはプレイヤーのためにメールを代筆し、事件簿を整理した入りしてくれるが、最終的な判断はプレイヤーの手に委ねられる。

(画像はSteam『Justice.exe』より)
(画像はSteam『Justice.exe』より)
(画像はSteam『Justice.exe』より)
(画像はSteam『Justice.exe』より)

 ディストピア世界でAIを弁護するゲーム『Justice.exe』は現在開発中。Steamでは体験版もリリースされている。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ