近日中に対戦FPS『オーバーウォッチ』がクロスプレイ対応へ。PCやコンソールのプレイヤーと一緒にゲームが遊べ、ライバルプレイはPCとコンソールで別々になる

 ブリザード・エンターテイメントは、対戦FPS『オーバーウォッチ』のクロスプレイ対応を近日中に適用させると発表した。Battle.netアカウントを製作して各プラットフォームとリンクさせることで、PC、Xbox One、Xbox Series X|S、PlayStation 4、PlayStation 5、Nintendo Switchでほかのプラットフォームのフレンドとも遊べるようになる。

 Q&Aによると、コンソールプレイヤーにとっては少し煩わしいが、クロスプレイ対応後はゲームを遊ぶためにBattle.netアカウントが必須となる。アカウントの取得方法とコンソール版『オーバーウォッチ』のリンク方法などは公式サイトにて日本語で解説されているので、そちらを参照してほしい。

 クロスプレイ対応を記念し、2021年末日までゲームにログインすると、「ゴールデン トレジャー・ボックス」がひとつもらえる。プラットフォーム(PC、Xbox、PlayStation、Nintendo Switch)ごとにひとつずつもらえるので、最大4つもらえる。

 クロスプレイに対応すると、異なるプラットフォーム間で一緒にゲームを遊べるようになる。コンソールプレイヤーはクロスプレイを無効化できるが、PCプレイヤーは無効化できない。クロスプレイを無効化した場合、マッチングまで時間が掛かる可能性がある。

 なお、現時点でクロスプログレッションには対応しない。進行状況やカスタマイズ・アイテムのコレクションはそれぞれのプラットフォームで別になる。

 マッチングプールは「コンソールのみ」「PCとコンソールが混在」の2種類に分かれているようだ。一例として、ソロのコンソールプレイヤーがクロスプレイを許可した状態でマッチングすると、必ずコンソールプレイヤーのみのマッチに参加することになる。フレンド同士で組んでマッチングする場合、その中にひとりでもPCプレイヤーがいればPCとコンソールが混在したプールでマッチングされる。そうでなければコンソールのみのプールだ。

 また、PCとコンソールが混在したマッチングプールに入った場合、コントローラーはエイムアシストが無効化される。コンソールのみのマッチングプールの場合は有効化される。

 ただし、ランク戦である「ライバル・プレイ」はバランスの観点より、PCとコンソールで別々のマッチになる。PlayStationやXboxなどコンソールプレイヤーはライバル・プレイを一緒に遊ぶことができるが、PCプレイヤーはたとえコントローラーを使っていてもPCプレイヤーとのみマッチングする。

 ライバル・プレイのコンソール間のクロスプレイは、7月2日開催予定のシーズン29から有効化され、現在進行中のシーズン28には影響しない。

(画像は『オーバーウォッチ』公式サイトより)
(画像は『オーバーウォッチ』公式サイトより)

 クロスプレイは現在ベータテスト段階にあるという。正式にリリースされるときに改めて通知されるはずだ。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ